CAN、CANOpenの基礎と制御技術および応用・事例

〜 CANプロトコルの概要、車載セキュリティ、リアルタイムスケジューリング、シミュレーション技術への応用事例 〜

・自動車のほか産業機器への応用も活発化しているCANopen技術を修得し、応用するための講座

・CANおよびCANOpenプロトコルと最新アプリケーション開発法を学び、製品開発に効果的に応用しよう!

 CANOpenは、フレキシビリティーとコンフィグレーション可能な組込ネットワークアーキテクチャーとして、鉄道分野、医療機器、産業機械、農業機械、トラック/バス、船舶/航空、FA などの様々な分野で採用されています。また、従来の RS-232/485 など独自規格で設計された組込ネットワークから置き換えられるケースも多くあります

講師の言葉

 CANは自動車の制御ネットワークから産業機器に至るまで、広く様々な分野で使用されている。
 このため、CANのユーザーやベンダーグループであるCiA (CAN in Automation)にて、次世代の通信プロトコルや、物理層からアプリケーション層 に至るまで、広く様々な内容が議論されている。
 本セミナーでは、CANのプロトコルの解説から、実際のアプリケーションの事例までを広く解説する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年12月12日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・自動車の電子制御機器および産業機器の開発者の方 ・これからCANを勉強したいという方から、CANを使った応用事例を知りたいという方まで  尚、技術に携わっていないマネージャ層にもわかりやすく概説します
予備知識 ・ソフトウェア開発者/技術者(C言語を知っていることが望ましい) ・OSI参照構造の概念を知っていることが望ましい ・組込みソフトウェアの経験がある方が望ましい
修得知識 ・CANの通信プロトコルの概念 ・実際にCANを使ったソフトウェア開発が可能となるレベルの知識
プログラム

1.CANの基礎
 (1).CANプロトコルの概要
 (2).CANプロトコルの歴史
 (3).CANプロトコルの課題
 (4).CANプロトコルの今後

2.CANプロトコルの適用事例
 (1).産業用ネットワーク
 (2).自動車制御ネットワーク
 (3).その他プロトコル

3.CANOpenの基礎
 (1).CANOpenの概要
 (2).CANOpenの歴史
 (3).CANOpenの課題
 (4).CANOpenの今後

4.CAN適用時の理論
 (1).リアルタイムスケジューリング理論
 (2).リアルタイムOS
 (3).スケジューラビリティ解析

5.すぐに使えるCAN開発ボードの紹介
 (1).CAN開発ボードの紹介
 (2).CANコントローラの仕様概説
 (3).CAN制御ソフトウェアの概説

6.CANの最新研究事例と応用事例
 (1).車載セキュリティ
 (2).シミュレーション技術
 (3).リアルタイムスケジューリング

7.まとめと質疑応答

キーワード CANプロトコル CANOpen リアルタイムスケジューリング リアルタイムOS スケジューラビリティ CANコントローラ
タグ シリアルインターフェースシミュレーション・解析ネットワーク機械自動車・輸送機制御
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日