自然言語処理技術の基礎と各種産業・人工知能システムへの応用

〜 自然言語処理の重要概念、仕組み、テキストマイニング、機械翻訳、対話技術などの産業応用 〜

人工知能の重要技術となっている自然言語処理を基礎から学び、応用するための講座

・人の意図をコンピュータが理解する上で不可欠な自然言語処理技術を応用し、新しいサービスやシステムを開発しよう!

講師の言葉

 「自然言語」は日本語や英語のような私たちが日常使っている言葉のこと。「自然言語処理」は自然言語の機械処理、平たく言えば、言葉がわかる計算システムの実現をめざす人工知能の研究です。ウェブ、ソーシャルメディアの爆発的な普及によって自然言語処理もビッグデータ時代を迎え、基盤となる技術の深化、社会・産業との関わりの両面で期を画す大きな変革が起こっています。
 本講義では、自然言語処理の基盤技術から応用技術まで幅広い話題について解説し、自然言語処理の全体像を概観します。前半では、自然言語処理をとりまく社会環境から話を始めて、技術の基礎的な概念や手法を解説します。後半では、この分野のフロンティアを産業への応用、先進的な基礎研究の両面から俯瞰します。IBM Watsonに象徴される知識処理やディープニューラルネットの復活など、近年再び注目を集めている人工知能研究との関係についても考察したいと思います。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年04月25日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・システム関連企業の方 ・自然言語処理の基本的な仕組みを理解したい方 ・テキストマイニング等の言語データ解析の動向に関心のある技術者の方 ・自然言語処理技術を応用した新たなビジネスを検討している技術者、経営者の方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・自然言語処理の重要概念や仕組みに関する基本的な知識 ・自然言語処理技術の産業応用 ・自然言語処理の未解決課題と今後の展望
プログラム

1.自然言語処理とは
  (1). 広がる応用
  (2). 人工知能ブームと自然言語処理
  (3). 自然言語処理はどこが難しいのか
  (4). 多義性と同義性

2.分類問題としての自然言語解析
  (1). 分類器学習
  (2). スパム検出
  (3). 評価極性分類

3.構造予測問題としての自然言語解析
  (1). 辞書とコーパス
  (2). 形態素解析
  (3). 固有表現抽出
  (4). 構文解析

4.情報アクセス技術としての自然言語処理とその応用
  (1). 情報抽出とテキストマイニング
  (2). 質問応答
  (3). 機械翻訳

5.自然言語処理の深化と今後の展開
  (1). ディープラーニングと自然言語処理
  (2). 述語項構造解析・照応省略解析
  (3). 知識と推論
  (4). 対話技術
  (5). 画像との統合理解

キーワード 自然言語処理 人工知能 コーパス 分類器 形態素 テキストマイニング 機械翻訳 ディープラーニング
タグ インターネットクラウドコンピューティング特許・知的財産人事シミュレーション・解析金型音声処理ロボットOS・言語
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日