調達トラブルを回避するための契約および取引先管理とリスク対策のポイント

〜 資材取引における各種契約、下請法の理解と運用上の問題への対処、調達リスクの管理、調達コンプライアンス 〜

・調達トラブルを未然防止するための各種契約と実務対応事例を解説する講座

・購買、調達、資材関連の方には必須となっている契約や法務を確実に身につけて、調達リスク対策に備えよう!

講師の言葉

 調達・購買業務は、自社の行動規範や調達・購買規定の他、各種法令・法規により業務活動が規制・管理されます。
 そうした中、コンプライアンス対応は単に法律・決めごとを守ればよいというだけではありません。法令遵守と同時に、倫理観をしっかりと企業に根付かせ、第一線担当者に至るまで理解・認識を深める必要があります。
 また一方では、コンプライアンス違反からくるレピュテーションリスクについても対応する必要がありますし、安定調達に向け、調達リスクについても備えておくことが重要と考えます。
 調達部門の日常業務の内、対外的なものの多くは取引先との契約に基づく業務です。調達担当として、「資材取引基本契約」はじめ「品質保証に関する覚書」等の関連契約についての理解が必須です。(取引上のトラブル防止)
 本セミナーでは、調達・購買業務に最も関連の深い「下請法」・「印紙税法」をはじめ、各種「資材取引契約」等の解説と実務対応事例をご紹介いたします。
 また、調達リスクへの対応においては、「調達の日常業務におけるリスク」、「取引先管理」といった切り口で、事例をもとに実務的な解説をさせていただきます。
 調達・購買業務をご担当の皆様におかれまして、この機会に是非、調達・購買部門として取り組むべきコンプライアンス・リスク管理上の課題について、またその対応・遵守活動のポイントを整理・展開いただければと存じます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年01月14日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・製品の構成部品・原材料の調達に関わる方 ・製品設計に関わる方 ・資材法務・契約業務ご担当の方 ・購買・調達部門のリーダー(中堅)クラス〜マネジャーの方 ・その他関連部門にて本テーマに興味のある方
予備知識 ・この分野に興味のある方なら、特に必要はございません ・自社の取引基本契約、環境マネジメント体制、グリーン調達、CSR活動、内部統制の実態については把握しておいていただければと存じます
修得知識 ・調達コンプライアンス&リスク管理の考え方 ・下請法に関する理解と運用上の問題への対応について ・資材取引における各種契約に関する内容 ・取引先管理のあり方(取引先評価の目的と方法) ・倒産処理に関する基本と対応について ・BCPに関する実践的取り組みについて
プログラム

1.調達・購買部門におけるコンプライアンス活動の枠組み(スコープ)
  (1). コンプライアンスとは
  (2). 法令順守と倫理観(企業行動規範と購買倫理)
  (3). コンプライアンス態勢を整えるために
  (4). 真のコンプライアンスの意義
  (5). 調達・購買部門におけるコンプライアンス活動

2.下請法の理解と下請法遵守体制づくり
  (1). 下請法とは
     a.下請法とは
     b.下請法の内容(義務・禁止行為)と罰則規定
       ・親事業者の「4つの義務」と「11の禁止事項」
     c.下請法適用の判断基準と要件
       ・下請法適用となる委託業務の種類
       ・下請法における親事業者・下請事業者の定義
       ・下請法適用判定上の留意点
     d.官庁による下請法遵守状況調査
  (2). 実務上の不具合(違反)事例とその対応策
     a.下請取引に於ける親事業者の4つの義務と11の禁止事項への対応のポイント(留意点)
  (3). 各種関連書類・帳票と「下請法」対応
     a.資材取引基本契約と個別契約
     b.業務委託形態・内容別注文書(契約書)
     c.その他、関連書類との関連
  (4). 下請法遵守体制の構築
     a.全社遵守体制の構築の重要性と意義
     b.下請法責任者とその役割
     c.内部自主検査(監査)の進め方と、そのチェック・フォロー
     d.購入依頼部門、発注担当部門、支払部門における相互補完
     e.発注システム対応

3.調達業務と契約
  (1). 資材調達業務と契約
     a.資材取引の目的
     b.資材取引の種類
     c.資材調達は契約
     d.契約の基礎知識
     e.「取引基本契約書」・「注文書」・「見積書」とは・・・
  (2). 各種の契約書とその機能
     a.取引基本契約書
     b.品質保証契約書(協定書・覚書)
     c.電子商取引(EDI:オンライン発注)契約書
     d.JIT契約書
     e.預託倉庫契約書
     f.支払方法等の通知
     g.業務委託契約書
  (3). 契約書と印紙税
     a.基本契約書に貼付する印紙(税額)
     b.印紙税法上の契約書

4.調達リスクの管理
  (1). 調達リスクの内容と考え方
  (2). 日常業務でのリスク対策
     a.調達業務におけるリスク
     b.調達業務プロセスにおけるリスク対応
     c.災害復旧対応(BCP:事業継続計画)
  (3). 調達先の倒産リスクへの対応
  (4). 取引先管理
     a.取引先の評価・選定(考え方・方法事例)

5.まとめ・質疑応答
      確認・レビュー

キーワード 資材調達 コンプライアンス レピュテーションリスク 資材取引基本契約 調達リスク BCP
タグ リスク管理法律調達
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日