設計ミス・手戻り防止と設計品質向上策 〜演習付〜

〜 設計プロセスのあるべき姿、フロンドローディング、コンカレントエンジニアリング〜

・設計の手戻り防止、設計品質向上のための手法を修得し、問題の予測と未然防止をするための講座

・設計品質の向上に重要な「コンカレント・エンジニアリング」と開発初期でQCDをつくり込む「フロントローディング」を確立し、設計品質を向上させよう!

講師の言葉

 生産管理部門、製造部門の改革は進んでいますが、製品の品質、コスト、リードタイム(QCD)の80%を決める設計部門の改革はまったく進んでいないのが現状です。
 当社のクライアント先で、次のような問題が発生しています。
  ・組立性・加工性を考慮した設計がなされずに現場での修正や多くの設計変更による手戻りが発生
  ・試作回数が計画より増加し、コストの増加、納期遅延が頻繁に発生している
  ・製造部門からの意見が設計部門に伝わらず、図面に反映されない
 上記のような問題に対し、設計・製造部門が設計段階から相互協力して製品製作する必要があります。また、問題点を予測し、未然に防止する必要があります。
 今回のセミナーでは「設計部門の変革」「設計品質の向上」に重要な【コンカレントエンジニアリング】と製品開発の初期でQCDの造り込みを考える【フロントローディング】について解説し、両者を実行するためのツールを事例・演習を交えながら詳しく解説いたします。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年02月15日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備品質・生産管理・ コスト・安全
受講対象者 ・製造業で設計や生産管理に携わっているスタッフ・管理者
予備知識 ・予備知識は必要ありません
修得知識 ・設計プロセスのあるべき姿 ・フロントローディング、コンカレントエンジニアリングの実現を成功に導くためのポイント ・設計の手戻り防止、設計品質向上のためのツール内容の理解と正しい使用方法の習得
プログラム

1.設計者の悩み・課題(設計者の心の声)と他部門から見た設計部門の課題
  (1). 問題の事例紹介
     a.製造段階でのやり直しにより納期に間に合わない
     b.品質が確保されていない流用図面にて問題が発生
     c.生産技術の意見が設計に反映されない
     d.図面確認不足による問題点
  (2). バックローディングが開発に与える影響
  (3). 設計に関わるノウハウは会社の財産

2.設計の課題について考える(グループワーク)
  (1). 設計の課題
  (2). 設計から見た製造の課題

3.設計プロセスのあるべき姿
  (1). フロントローディング
     a.フロントローディングの定義
     b. フロントローディングのメリット
     c.フロントローディングを実現するためのツール
  (2). コンカレントエンジニアリング
     a.コンカレントエンジニアリングの定義
     b.コンカレントエンジニアリングのメリット
     c.コンカレントエンジニアリングのイメージ
  (3). 設計プロセス事例紹介
     a.設計プロセスのあるべき姿
     b.自動車メーカーの設計プロセス
  (4). 設計ミス・手戻り防止のための設計品質向上内容
     a.品質企画と品質管理の目的
     b.品質を保証する考え方の歴史の変遷
     c.設計が実施すべき品質企画とは
     d.品質企画の造り込み

4.設計ミス・手戻り防止のための設計品質向上策
  (1). DR
     a.DRの定義
     b.DRの間違った実施方法
     c.DRの内容と実施時期
     d.DRの実施フロー
     e.DRにて議論すべき内容
  (2). DRBFM
     a.DRBFMの定義
     b.DRBFMの誕生の経緯
     c.DRBFMの構成
     d.DRBFMの検討時期
     e.DRBFMの内容

5.グループワーク
     DRBFMの活用方法について

6.質疑応答

キーワード 設計品質 設計ミス 手戻り フロントローでょング コンカレントエンジニアリング DR DRBFM
タグ 生産管理未然防止FMEA・FTA精密加工・組み立て機械設計・製図・CAD
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日