ECHONET Liteおよび連携制御技術によるエネルギーマネジメントと応用例

〜スマートハウスにおける通信プロトコルと家電制御、エネルギーコストを最小化する連携制御と導入事例〜

・エネルギーマネジメントにおける最新技術を先取りし、応用製品の開発に活かすための講座

・今後の応用展開が期待されるECHONET Liteと連携制御についてエキスパートに学ぶ特別セミナー!

講師の言葉

第一部
 本セミナーではHEMSを中心としてスマートハウスで利用する通信プロトコルであるECHONET Liteについて、現在の状況と共に規格の概要を中心として、具体的にどういう制御ができるのか、どのような組込みソフトを作成しなければならないのか、どのようにして認証を取るのか等について解説したあと、実際の開発時の問題点・苦労点について紹介します。さらに既に研究段階で提案されているサービス等についても紹介します。

第二部
 本セミナーでは、対象設備に対して、設備改造ではなく、連携制御導入による省エネルギーのご紹介をいたします。
需要と供給設備に対して、どのような連携制御が考えられるかカテゴリーを定義し、各々のカテゴリーに当てはまる設備構成例を紹介いたします。次に、連携制御導入検討から導入までのプロセス、そして導入後の効果の検証方法を紹介いたします。
 最後に、連携制御を適用した、いくつかの事例を紹介し、導入範囲や効果を具体的に説明いたします。
 受講者が対象とする設備に対して、連携制御適用可能かを判断し、どのような手順で導入していけば良いかをご理解いただくのが本講義の目的です。

セミナー詳細

開催日時
  • 2015年08月18日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・エネルギー、電機、電力機器、家電、電源、デジタル機器、空調、冷暖房、設備その他関連企業の方 ・HEMSやスマートハウス関連の製品企画および技術者や研究者の方 ・企業のエネルギーの統括管理を担当する方
予備知識 ・エコーネットコンソーシアムのサイトから、ECHONET Lite規格書をダウンロードしておくことを推奨します http://www.echonet.gr.jp/spec/index.htm 註: ECHONET規格書ではなく「ECHONET Lite規格書」および「APPENDIX ECHONET機器オブジェクト詳細規定」です ・省エネ一般の知識
修得知識 ・連携制御による省エネ対象となる設備。また連携制御プロジェクトの導入から検証までの流れ ・ECHONET LiteというHEMS通信規格の概要を理解し、セミナー資料をもとに ECHONET Lite通信用ソフトウェアに取り組む準備ができる
プログラム

第一部:エネルギーマネジメントを見据えたECHONET Lite技術と事例

1.スマートハウスとHEMS
  (1). 背景と現状
  (2). 業界動向
  (3). BルートとSMA認証
  (4). HEMS認証支援センターの取り組み

2.ECHONET Lite規格
  (1). 規格の読み解き
  (2). 開発における注意点とバージョン間相違点

3.ECHONET Liteの応用と期待
  (1). 実際の商品、ECHONET Lite以外の通信家電
  (2). 研究分野での取り組み紹介

第二部:エネルギー需給を最適化し、エネルギーコストを最小化する連携制御システム

1.目的と背景

2.連携制御の概要
  (1). 連携制御とは
  (2). 連携制御のカテゴリー
  (3). 連携制御の事例

3.連携制御導入の手順と効果試算
  (1). 導入の手順
  (2). 導入効果の試算方法と試算事例

4.省エネ効果の検証
  (1). エネルギー効率指標(KPI)
  (2). 検証の範囲・期間
  (3). 検証用データ収集と誤差対応
  (4). 検証結果(省エネ効果)の表現方法

5.エネルギー管理モデルと最適化
  (1). エネルギー利用タイプとエネルギー管理対象
  (2). 最適化(連携制御導入)の着眼点
  (3). エネルギー管理対象のモデル化(時空バウンダリ)

6.連携制御の導入事例
  (1). 製造工場のユーティリティ設備における供給機器連携制御
  (2). 圧縮空気供給システムにおける機器連携・需給連携制御
  (3). 店舗向けショーケース・冷凍機の需給連携制御

7.まとめと今後の展開

キーワード ECHONET Lite スマートハウス 連携制御 エネルギーマネジメント 需給最適化
タグ エネルギーエネルギーマネジメントシステムコントローラスマートメータセンサデバイスドライバネットワーク計測器系統連系制御太陽電池蓄電電源・インバータ・コンバータ電子機器
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日