バイオ・生物・医薬研究者・技術者ためのRによるデータ解析(統計解析・多変量解析)基礎講座 〜1人1台PC実習付〜

〜オミクスデータの多変量解析の基礎、各種多変量解析によって得られる結果の知見の取り違えを防ぎ、誤った統計解析を選択しないためのポイント〜

・大量数値データから有益な情報を導出するための統計学的アプローチを修得する講座

・統計解析ツールRを用いて、目的に重点を置いた多変量解析法を修得し、実務に活かそう!

 *PCは弊社でご用意いたします。演習で使用したデータはお持ち帰りになれます。

講師の言葉

 近年、科学技術の進展により様々なタイプのオミクスデータ(遺伝子発現・プロテオーム・メタボローム)が測定されつつある。さらに、データ量の増大の次の段階として、これら大量データをどのように解析し、生物学的に意味がある情報を抽出するかという事が求められている。これらの大量数値データを扱い、ここから生物学的知見を導出するためには、統計学的アプローチが必要である。
 そこで、本講義では、フリーの統計解析ツールRを用いた、オミクスデータの多変量解析の基礎を紹介する。特にRの使い方や、多変量解析の手法や目的に重点を置いた講義を実施することで、各種多変量解析によって得られる結果の知見の取り違えを防ぎ、誤った統計解析を選択しないためのポイントなどを紹介する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2015年06月30日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン
受講対象者 ・オミクスデータを測定している実験研究者、これからそのような研究を行う予定の実験研究者 ・特に実験から得られた数値データの統計解析を学びたい実験研究者 ・Rによる多変量解析手法の基礎を学びたい方
予備知識 ・基礎的なパソコンスキル
修得知識 ・統計解析ソフトRの基本的な使用方法を習得できる ・数値データの基本的統計解析手法が習得できる
プログラム

1.生物学におけるビッグデータ
  (1).ゲノム解析とオミクス解析
  (2).オミクス解析でわかること
  (3).オミクス解析と情報解析

2.Rによる統計解析の基礎
  (1).Rとは?
  (2).解析の準備
    a.Rのインストール
    b.Rのパッケージ
  (3).Rで扱うデータ
    a.エクセルで作ったデータを読み込む
    b.データフレームに変換する
    c.データを確認する
  (4).Rによる基本統計
    a.データを要約する
    b.度数分布図を作る
    c.2変数の相関係数を求める
    d.2変数の散布図を作る
  (5).Rによる主な多変量解析
    a.重回帰分析
    b.判別分析
    c.主成分分析
    d.クラスター分析

キーワード ゲノム解析 オミクス解析 遺伝子発現 プロテオーム メタボローム 多変量解析 重回帰分析 主成分分析 クラスター分析  
タグ 分析バイオ・遺伝子医療・再生医療創薬・医薬品結晶化学物質シミュレーション・解析生理・官能検査医療機器R言語
受講料 一般 (1名):50,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):45,100円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日