効果的な海外特許戦略と知的財産リスク対策の実践

〜 海外での知的財産リスク、外国での特許修得ノウハウ、各国特許制度、パテントマップ等を活用した海外特許戦略 〜

  • 諸外国と国内特許制度の相違点を学び、海外特許戦略や知的財産リスク対策に役立てる講座
  • 諸外国の特許制度を学び、グローバル化時代に対応した海外特許戦略や知的財産リスクの回避に活かそう!

講師の言葉

 近年の市場のグローバル化に伴い、企業の事業を安定的に発展・継続していくためには、国内の特許だけではなく外国の特許に目を向けていることが非常に重要になっています。外国の特許制度は日本の特許制度と様々な点で異なっていますが、これらの相違点を理解しておくことは、グローバル市場での優位性の確保、特許を巡る争訟でのリスク軽減などの点で非常に役立つものです。
 本セミナーでは、外国の特許制度と日本の特許制度との相違点について解説し、さらにこれらの相違点を踏まえた特許戦略を提案いたします。また、特許先進国アメリカにおける権利解釈の傾向や訴訟戦略、パテントトロール対策などについても解説したいと思います。

セミナー詳細

開催日時
  • 2015年03月19日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 研究開発・商品開発・ ビジネススキル
受講対象者 ・研究開発部門や製品開発部門において知的財産に関わる方 ・企業の知的財産部門や特許部門の方
予備知識 ・知的財産権に関する基礎的知識があれば理解が深まります
修得知識 ・主要な国の特許制度とその国で特許を取得するための手続について理解できる ・効果的な海外特許戦略を立てて知的財産リスクを最小限にすることができる
プログラム

1.海外における知的財産保護の必要性
 
(1).海外における知的財産リスク
 (2).知的財産の保護によるメリット

2.外国で特許を取得するためには
 (1).優先権制度の利用
 (2).国際出願制度の利用

3.各国の特許制度
 
(1).アメリカ
 (2).ヨーロッパ
 (3).中国
 (4).台湾
 (5).韓国
 (6).東南アジア
 (7).インド

4.海外特許戦略
 
(1).パテントマップ・パテントポートフォリオの作成と活用
 (2).海外出願戦略

5.外国出願に関する助成制度・減免制度
 
(1).日本における減免制度
 (2).外国における減免制度
 (3).主要な助成金制度

6.アメリカにおける特許戦略
 
(1).アメリカの特許実務と日本の特許実務の違い
 (2).アメリカでの訴訟対策
 (3).パテントトロール問題

キーワード 知的財産 特許 パテントマップ パテントポートフォリオ パテントトロール問題 海外特許
タグ 海外進出・中国営業・マーケティング特許・知的財産法律
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日