再生可能エネルギー電源を含む電力系統の安定化制御技術と仮想同期発電機制御技術 <オンラインセミナー>

~ 地球温暖化とその対策、再生可能エネルギー電源と風力発電、電力系統の構成、電力系統の仮想同期発電機制御技術 ~

・再生可能エネルギー電源の基礎から理解し、電力系統に導入した際に発生する諸問題とその対策を修得するための講座

・電力系統の安定度の低下の防止対策である仮想同期発電機の概念と特徴および制御技術を応用するための特別セミナー!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

https://www.j-techno.co.jp/オンラインセミナーのご案内/

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 地球温暖化問題を契機として風力や太陽光等の再生可能エネルギーの導入が増大している。本講義では、再生可能エネルギー電源(RES、Renewable Energy Sources)に焦点を当て、地球温暖化問題、RESの基礎と現状等に関して説明し、更にRESを電力系統に導入した際に発生する諸問題に関して講義を行う。この際、電力系統の基本的特徴に関して述べた後、RESに起因する二つの問題を紹介する。一つは、RESの変動出力に起因する電力系統の周波数変動問題、もう一つはRESがインバータ等の電力変換器により制御され、電力系統に接続されることから、電力系統の安定度が低下する問題である。前者と後者に対する対策を紹介するが、特に後者の問題が近年大きく懸念されており、これに対する対策として仮想同期発電機の概念が考案され、世界中でその研究が進められている。            
 後半では、この仮想同期発電機制御に関して詳細を説明する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2022年07月26日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・電力系統、エネルギーシステム、再生可能エネルギー電源システム、並びにそれらの関連技術に従事している技術者・研究者。特に大学等で電力系統工学、電気機器学等の基礎となる講義を受けていない技術者・研究者
予備知識 ・電力系統、再生可能エネルギー電源システムの基礎知識
修得知識 ・再生可能エネルギー電源が電力系統に及ぼす諸問題とその対策
・仮想同期発電機の概念と特徴
プログラム

1.地球温暖化とその対策
  (1).地球温暖化の原因と影響
  (2).地球温暖化に対する対策

2.再生可能エネルギー電源と風力発電
  (1).風力発電の概要
  (2).洋上風力発電の進展
  (3).その他の再生可能エネルギー発電

3.電力系統の構成
  (1).電力系統の変遷
  (2).電力系統の構成
  (3).電力系統の安定度
  (4).変動出力による系統周波数変動
  (5).地絡故障と過渡安定度
  (6).再生可能エネルギー電源に対する系統連系規程

4.電力系統の仮想同期発電機制御(Ⅰ)
  (1).仮想同期発電機制御
  (2).各種仮想同期発電機制御

5.電力系統の仮想同期発電機制御(Ⅱ) 
  (1).PID-Fuzzy制御に基づく新仮想同期発電機制御
  (2).蓄電池を用いた新仮想同期発電機制御
  (3).HVDC連系線を用いた新仮想同期発電機制御
  (4).可変速調相機を用いた新仮想同期発電機制御
  (5).可変速風力発電機を用いた新仮想同期発電機制御

6.まとめ
           

キーワード 電力系統 エネルギーシステム 再生可能エネルギー電源システム 電力変換器 地球温暖化 変動出力 系統周波数変動 仮想同期発電機制御 蓄電池 風力発電機 可変速調相機 PID-Fuzzy制御 Renewable Energy Sources RES 
タグ エネルギーマネジメントシステムスマートグリッドスマートメータ系統連系省エネ蓄電電気電源・インバータ・コンバータ電子機器発電
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日