生産ライン自動化のための制御技術とIoTを活用した生産性向上への応用

~ 生産現場の現状・トラブルの例とその原因、FAの基礎と生産性向上のアプローチ、FAにおけるIoT・AI技術の活用、PLC制御の基礎と活用、産業用ロボットの活用例、IoTを活用した生産性向上した事例、FAにおけるIoT活用のテクニック ~

・自動化のための制御の基礎からIoT活用方法を修得し、自社工程の強みを最大限に発揮するための講座
・自動化に必要な具体的な制御方法からIoTを効果的に活用するための方法を修得し、生産性向上に応用しよう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 製造現場における様々な改善活動は、すべて生産性向上のためという言葉に集約できます。そして現在、製造現場では、通信技術・制御技術を駆使した自動化やIoTによる状態監視などのアプローチが注目を浴びています。しかしながら、やりたいことが明確でないまま何となくで始めた結果ベンダー企業任せになり、イメージと食い違ってしまったケースや、導入後のサポートが劣悪で思うように進まないというケースも少なくありません。故に、外注のシステムを取り下げて、内製化を検討している企業も多々あると思われます。
 自動化やIoTを内製システムとして作り込む事は難しいものと思い込んでいませんか?そんなことはありません。最低限必要な知識があれば、貴社の工程に適切な形で、応用できます。
 本講座では、FA(工場自動化)の考え方、具体的な制御の基礎と活用例、IoTを効果的に活用するためのコツを学ぶことができます。本講座で学んだ知識を活かし、自社の強みを最大限に活かせる生産改善を行いましょう。

セミナー詳細

開催日時
  • 2022年08月23日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー
受講対象者 ・工場の生産ライン自動化の一環でIoTの活用を検討されている技術者の方
・FA分野(PLC制御等)に新規参入予定のITエンジニアの方
・生産技術部の新入社員など、生産性向上の概要を知りたい方
・自動化設備を内製で構築するために必要な制御技術を修得されたい方
・自動車、家電、航空、電気電子、その他関連企業の方
予備知識 ・設備設計に携わっている方(経験年数は問いません)
修得知識 ・工場の生産性向上のために必要な考え方
・シーケンス制御(PLC制御)の基本的な考え方、論理回路の基礎、ソフトの使い方
・産業用ロボットの種類や制御方法の概要
・IoTの概要と、活用事例、活用のコツ
プログラム

1.生産現場の現状・トラブル例とその要因
  (1).自動化工程導入におけるトラブル・例
    a.自動化の目的におけるトラブル
    b.ベンダーに委任した場合のトラブル
    c.イメージと実際のギャップ
  (2).何故自動化が進まず工程が混乱するのか?

2.FAの目的と生産性向上へのアプローチ
  (1).FA(生産工程自動化)の目的
  (2).FAを前提とした生産性向上へのアプローチ
  (3).トヨタ生産方式をベースとした生産性向上の実例

3.FAにおける様々な技術とIoTの活用
  (1).FAの概要・目的・応用技術
  (2).PLC制御の基礎とFA・IoTへの活用
    ・リレー制御の電子回路化
  (3).産業ロボット技術とFA・IoT
  (4).FAに使われるIoT・AI技術

4.PLC制御の基礎と活用方法
  (1).自動制御の定義
  (2).制御機器
    a.制御機器の種類
    b.各制御機器の特徴、向き不向き
  (3).シーケンス回路の基礎
    a.リレーと論理回路
    b.PLCを使った制御と機器構成
    c.ラダーと入出力回路
    d.基本的なシーケンス回路
  (4).シーケンス回路の応用
  (5).ユーザインタフェース
  (6).目的に沿ったソフトウェアの活用ポイント
  (7).モーション制御と制御方式・活用事例
    a.モーション制御の定義と機構
    b.原点復帰とエンコーダ
    c.位置決め動作と補間制御

5.産業用ロボットの基礎と活用方法
  (1).産業用ロボットの定義
  (2).安全に関する法令と発生した事故
  (3).産業用ロボット・協働ロボットの制御方法
  (4).ロボットを活用したFA事例

6.IoTを活用し、生産性向上を行った事例
  (1).グローバル視点で見るIoTの実態と動向
    a.活用されている産業分野
    b.プログラミング言語・通信技術
    c.データの種類
  (2).日本国内におけるIoT活用事例

7.FA分野へのIoT活用のテクニック
  (1).「見える化」による活用
  (2).既存設備(表示灯・アナログメータ等)の活用・例
  (3).よく使われる技術と枯れた技術の活用
    a.活用されている通信プロトコル
    b.よく使われているデータ形式
    c.ソフトウェア環境の実例
  (4).ヒトに着目した仕組みづくり
  (5).IoT化・自動化で注意するべきポイント

キーワード 自動化 FA IoT 生産性向上 内製 改善 設備 設計 システム ソフトウェア 回路 PLC シーケンス制御
タグ 制御設備
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日