ウェブハンドリングの基礎とトラブル対策 ~デモ付 ~ <オンラインセミナー>

~ ウェブの力学的性質、ウェブ搬送とトライボロジー、マクロスリップの発生条件と抑止方法、巻取り問題、スキュー・折れしわのメカニズムと低減策、ローラの傾きによる波しわ ~

・ウェブハンドリング技術の基礎から学び、トラブル現象の特徴や発生メカニズムから低減策までを修得し、実務に活かすための講座

・ウェブによる製造過程での搬送時の折れしわやスリップ、巻き締り、ゲージバンドなどの予期しない不具合の現象の特徴および発生メカニズムを修得し、トラブルの未然防止対策に活かすための特別講座!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

第1章
 フィルム、紙、不織布などのウェブを製造する過程において、搬送時には折れしわやスリップ、巻取り時には巻き締り、スリップ、ゲージバンドなどの予期せぬ不具合が生じることが多々あると思います。これを防止する手法としては、経験と勘を基に製造条件を試行錯誤的に検討していると耳にすることが多くあります。
 これらの不具合は製品の品質と直結することであり、不具合防止は極めて重要な課題です。
 本セミナーでは、上記不具合の原因・対策案について学問的な立場からアプローチして、不具合の未然の防止を図る知識を養うことを目的としています。本セミナーを受講したからといって全ての問題を解決することができるとは限りませんが、解決の糸口を見つけることができるでしょう。

第2章
 ウェブと呼ばれる各種のフィルムや紙の製造・加工プロセスなどにおいては、幅広・薄厚のウェブを高速・高精度でトラブルなく搬送し、巻き取ることが求められている。
 しかし、実際の現場ではウェブの搬送や巻き取り時にウェブの横ずれ、しわなど多くのトラブルに遭遇する。
 本講義では、ウェブの搬送や巻き取り中に生じるいくつかのトラブルをコンピュータシミュレーションした結果を用いて、現象の特徴や発生メカニズム、低減法などについて説明する

セミナー詳細

開催日時
  • 2021年11月05日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・フィルムや紙等の製造・加工および関連装置製造企業等における現場技術者、開発技術者、研究者
・ウェブハンドリングに取り組んでいるが、巻締り、テレスコープのような課題があり困っている方
・本テーマに興味のある方なら、どなたでも受講可能です
予備知識 ・大学1、2年程度の力学、数学の基礎
・数学の基礎知識、微分・積分の基礎知識、材料力学の基礎知識
・しかし、この分野に興味のある方なら、知識がなくても結構です
修得知識 ・ウェブハンドリング技術の基礎知識 
・フィルムの材料物性のノウハウ 
・搬送中の折れしわのメカニズムとそのトラブルの基本的な対処法 
・巻取り時における不具合のメカニズムとその基本的な防止法
・ロール・ツー・ロール・プリンテッドエレクトロニクスのビジネス動向
・搬送・巻き取り中のウェブの横ずれ・しわの発生メカニズム
・ウェブハンドリングにおけるコンピュータシミュレーションの現状とその可能性
プログラム

第1章
1.はじめに
  (1).ウェブとウェブハンドリング
  (2).ウェブハンドリング技術のポイント
  (3).ウェブハンドリングの研究の流れ
  (4).まとめ

2.ウェブの力学的性質
  (1).ウェブに作用する力とその変形
  (2).フックの法則
  (3).ウェブの曲げ
  (4).ウェブの座屈
  (5).ウェブの折れしわ

3.ウェブハンドリングのトライボロジー
  (1).ウェブ搬送とトライボロジー
  (2).摩擦力と摩擦係数
  (3).摩擦係数の測定
  (4).オイラーのベルト公式
  (5).固体の接触と摩擦
  (6).摩擦のメカニズム
  (7).マクロスリップの発生条件と抑止方法

4.ウェブの巻取り問題
  (1).ウェブの巻取り方式
  (2).ロール内部の応力状態
  (3).巻取りに関するアルトマンモデル
  (4).巻取りロール内部のヤング率の異方性
  (5).Hakielの巻取り理論

第2章 
1.ウェブハンドリングの基礎
  (1).ウェブの走行特性とスキュー(横ずれ)
  (2).搬送中の折れしわ
  (3).巻取り欠陥
  (4).ロールの内部応力計算法
  (5).摩擦力特性

2.ローラの傾きによるウェブのスキュー
  (1).シミュレーション結果(含む動画)
  (2).スキューのメカニズム
  (3).スキューに影響を及ぼす因子とスキュー低減策

3.ローラの傾きによるウェブの折れしわ
  (1).シミュレーション結果(含む動画)
  (2).折れしわ発生メカニズム
  (3). 折れしわに影響を及ぼす因子と折れしわ低減策

4.ウェブの2次元巻取りシミュレーションとロールの内部応力分布
  (1).計算モデルと結果(Hakielとの比較)
  (2).層間すべりの影響
  (3).巻取り開始部の影響
  (4).コア弾性の影響

5.ロールの巻きずれ(含む動画)
  (1).巻取りコアの傾きによる場合
  (2).ウェブ張力の不均一分布による場合

6.ニップローラが巻取りに及ぼす影響
  (1).巻き付き角の影響
  (2).スリップ

7.ローラの傾きによる波しわ
  (1).しわ数とローラの傾き角の関係
  (2).波しわ発生要因

キーワード ウェブハンドリング トライボロジー マクロスリップ ウェブ搬送 ウェブ巻取り ゲージバンド プリンティッドエレクトロニクス ナノシート 巻取りロール 摩擦力 摩擦係数 座屈 巻きずれ 3次元巻取り ローラ 折れしわ 巻締り テレスコープ
タグ 研究開発商品開発シミュレーション・解析延伸・ウェブハンドリング生産管理品質管理未然防止樹脂・フィルム不繊布紙送り機構
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日