レーザ加工技術の基礎とEV化・マルチマテリアル化に向けた接合技術とその応用 <オンラインセミナー>

~ 各種レーザ発振器とその特性、各種レーザ加工技術と適用事例、自動車におけるマルチマテリアル化と実現に不可欠な異種材料の接合技術 ~

・車両の軽量化(EV化)、マルチマテリアル化に対応するレーザ加工技術に応用するための修得講座

・軽量化の有力技術であるレーザ加工技術や異種材接合技術を基礎から学び、自動車産業界で進化するマルチマテリアルによる必要不可欠な軽量化技術を実現しよう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 自動車部品の生産にレーザが初めて適用されたのが1970年代であり、すでに50年が経過したことになる。レーザ導入初期には、レーザの専門家が産業用に開発されたCO2レーザ、YAGレーザの取り扱いを担当し、技術開発から実用化までを進めてきた。
 しかし、2000年以降は、取扱が容易で、メンテナンスフリーの半導体レーザやファイバーレーザが製品化されたことにより、自動車を中心に、橋梁、造船、電池、情報機器、精密機器、などの幅広い分野で、レーザ加工の適用が急速に拡大し、レーザ技術者の不足が顕在化している。
 本講座では、レーザを正しく理解し、使用するために、レーザの発振原理からレーザ加工装置、レーザ加工プロセスに関する基礎的な知識~生産への適用の事例~光成形技術等の最新の情報についての知識と情報を学んでいただくことを一つの目的としている。
 その上で、自動車を中心とした最近のレーザ加工適用の動向に着目し、特に、2030年には全車両の50%が電動化され、関連部品であるリチウムイオン電池、車載用モータの生産量が5倍に急増するニーズが高まっているEV化に関連するレーザ加工技術、マルチマテリアル化の現状とその実現に不可欠な異種材料の接合技術についてわかりやすく解説する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2021年09月29日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー加工・接着接合・材料
受講対象者 ・現在、レーザ加工技術を担当されている方。または今後レーザ加工技術を担当される方
・ものづくりの現場で、製造、生産技術、技術開発を担当されている方
・新製品の開発を担当されている方

予備知識 ・特に予備知識は必要ありません。基礎から解説いたします

修得知識 ・レーザの基礎~発振原理~加工現象に関する知識
・レーザ発振器に関する知識、最新情報
・最新のレーザ発振器と加工プロセスに関する知識・情報
・集光光学系、スキャナー、光ファイバーに関する知識、最新情報
・光整形技術の現状とその適用に関する知識・情報
・各種レーザ加工プロセス、産業での応用に関する知識・情報
・自動車のEV化、マルチマテリアル化の動向
・EV化に向けたアルミ、銅のレーザ加工に関する知識・情報
・マルチマテリアル化に向けた異種材料接合技術に関する知識・情報
・レーザ設備導入に際しての留意すべきポイントと注意点
プログラム

1.はじめに

  ・レーザ発振器、装置、プロセス、産業適用の進化と現状

 

2.各種レーザ発振器とその特性

  (1).レーザ発振の原理

  (2).各種レーザ発振器と特性

    a.CO2レーザおよびYAGレーザ

    b.半導体レーザ

    c.ファイバーレーザ、ディスクレーザ

    d.超短パルスレーザ

  (3).新しいレーザ発振器

    ・青色半導体レーザ、他

  (4).加工光学系~光の時間的・空間的制御 

    a.光ファイバー

    b.高速スキャナー

    c.ズームホモジナイザー

    d.DOE

    e.LCOS

 

3.各種レーザ加工技術と適用事例

  (1).レーザ溶接

    a.レーザ溶接

    b.レーザ・アークハイブリッド溶接

    c.スキャナーを用いたレーザ溶接

      ・レーザリモート溶接(日産自動車)

      ・レーザスクリュー溶接(トヨタ自動車)

    d.レーザろう付

  (2).レーザ切断

  (3).レーザ表面改質

    a.レーザ焼入れ

    b.レーザクラッディング

      ・レーザクラッドバルブシート(トヨタ自動車)

    c.レーザクリーニング

      ・アルミボデーの溶接前クリーニング(アウディTT)

  (4).レーザ微細加工

    a.孔あけ

      ・フュエルインジェクタの噴口加工(ボッシュ)

    b.テクスチャリング

      ・ピストン(アイシン)

 

4.自動車産業の技術動向

  (1).自動車におけるEV化の動向と接合技術

    a.銅の溶接技術

    b.アルミの溶接技術

    c.アルミと銅の異材接合技術

  (2).自動車におけるマルチマテリアル化の動向と接合技術

    a.異種材料のレーザ溶接技術

    b.樹脂材料のレーザ溶着技術

    c.各種金属とプラスチックのレーザ接合

    d.各種金属とCFRTP(炭素繊維強化プラスチック)のレーザ接合

  (3).自動車におけるレーザ積層造形(3Dプリンティング)の動向

    a.レーザ積層造形技術

    b.適用状況

      ・ブラケット(BMW i8 Roadster)

 

5.レーザ加工設備導入時のポイントと注意点

  (1).レーザ加工設備の基本構成と導入時のポイント

  (2).レーザの安全と安全装置

キーワード レーザ レーザ発振器 レーザ加工技術 異種金属接合 CFRP接合 マルチマテリアル化 異材接合技術 軽量化技術 
タグ レーザ加工金属加工材料切削・研削溶接・接合自動車・輸送機
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日