レーザ溶接・溶着技術の基礎と異種金属・異種材料接合への応用 <オンラインセミナー>

~ 各種レーザ加工・溶接技術とその特徴・実用例、異種金属、異種材料のレーザ接合技術 ~

経験豊富な講師から、レーザ溶接・溶着、各種レーザ加工技術を学び、高品質な製品開発に応用するための講座

高精度・高品質の接合技術として応用が要求されているレーザ溶接・加工技術とその特徴を修得、問題点の解決、高精度高品質な加工の実務に活かそう!

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 レーザ加工技術がますます重要となり、ものづくり産業の基盤技術として発展している。太陽電池のマイクロ溶接から造船業の厚板溶接まで、各種レーザ溶接法が開発され、高精度・高品質の接合技術として、定着しつつある。

 しかし、ハード的な面はかなり進んでいるが、ソフト的な面である各種材料の溶接継手性能、異種材料の溶接を含む溶接施工面、品質マネージメントなどでは 問題が山積みしており、現場技術者では手を焼いているのが現状である。本講座では、まず講師の経験を活かして、これらの問題を紹介、解説する。

 とくに、樹脂材料も含めたレーザ溶接・溶着技術について、最近の大きな進歩も含めて解説するとともに、産業界での応用についても説明する。最後に、中国のレーザ加工、欧州のレーザ加工事情なども説明する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2021年01月28日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー電気・機械・メカトロ・設備加工・接着接合・材料
受講対象者 ・企業で、レーザ加工について導入を考えている方、技術開発に携わる方
・レーザ加工に興味のある方、基礎から知識を得たい方
・レーザ溶接などのレーザ加工技術で問題点を持っている方
・これから、レーザ加工を担当してものづくりを考えている方 
・樹脂の溶接、樹脂と金属、および異種金属のレーザ溶接技術について知識を得たい方
・自動車、金属加工、電子部品、造船ほか関連企業の技術者
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・最近の各種レーザ加工装置、加工光学系、モニタリングシステムについて
・金属材料の基礎知識
・各種レーザ溶接・溶着法とその特徴
・各種材料のレーザ溶接と問題点
・異種金属、異種材料のレーザ溶接技術
・海外のレーザ加工技術
プログラム

1.最近の各種レーザ加工装置、加工光学系、モニタリングシステムについて

  (1).各種レーザ加工装置

  (2).各種加工光学系

  (3).最近のセンシング・モニタリングシステム

 

2.レーザ溶接のための金属材料の基礎

  (1).金属の結晶構造

  (2).金属、合金の特性

  (3).工業材料としての金属の性質:弾性、塑性、靭性など

  (4).金属特性の熱的変化:再結晶、時効・析出、焼結、クリープなど

  (5).金属の酸化と腐食

 

3.各種レーザ溶接法とその特徴

  (1).従来のレーザ溶接

  (2).レーザ・アークハイブリッド溶接

  (3).スキャナーを用いたリモートレーザ溶接

  (4).レーザろう付

  (5).レーザロール溶接

  (6).レーザマイクロ溶接

 

4.各種材料のレーザ溶接・溶着技術と欠陥防止

  (1).レーザ加工時の熱サイクルと材料の変態挙動

  (2).各種金属材料のレーザ溶接

  (3).樹脂材料のレーザ溶着

  (4).レーザ溶接における欠陥の発生とその防止

 

5.異種金属、異種材料のレーザ溶接技術

  (1).異種金属継手および異材継手の溶接の問題点

  (2).各種異種金属継手のレーザ溶接

  (3).各種異材継手のレーザ溶接

 

6.海外のレーザ加工技術

  (1).中国のレーザ加工技術の動向

  (2).欧州のレーザ加工技術の動向

キーワード レーザ樹脂溶着 レーザ発信器 レーザ加工システム 異種材溶接 レーザ接合 異種金属 異種材料 レーザ溶接 溶着技術
タグ 異種金属金属金属材料はんだ接着・溶着溶接・接合
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
オンラインセミナー
本セミナーは、Web会議システムを使用したオンラインセミナーとして開催します。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日