機電一体インホイールモータの設計技術と特性および統合設計のポイント <オンラインセミナー>  

~ インバータ、ギア、ケース、冷却機能の設計、機電一体インホイールモータの出力・効率特性、応用と今後の動向 ~

小型・軽量化、高効率化、低コスト化を実現する機電一体モータ設計技術を修得し、開発に活かすための講座

モータとインバータの統合設計方法のポイントを修得し、高効率なモータ開発へ応用しよう! 

モータと減速機を一体化させることで、減速機の潤滑油をモータの冷却油として転用できるため、冷却機構がシンプルになります。さらにインバータを組み込めば、モータとの間をつなぐワイヤーハーネスを短縮できるため、小型・軽量化と損失軽減が同時に実現し、電気的な接点も減るため、信頼性も高められます。

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

講師の言葉

 インホイールモータに必要な冗長性をモータとインバータの機電一体化により実現し、超小型SiCインバータモジュールを搭載することで空冷でのインホイールモータが実現可能となります。

 本講義では電気自動車主機用機電一体モータの設計ポイントを講義します。実際に製作したインホイールモータをベースにモータ設計の考え方、インバータの設計、ギアやケース、冷却機能の設計など、統合設計のポイントを説明します。

本講座の申込み受付は終了しました。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年09月15日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー オンラインセミナー電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・モータ設計者、パワエレ技術者の方
・自動車、EV、モータ、電装品ほか関連企業の技術者の方

予備知識 ・永久磁石モータの基礎知識、インバータなどパワエレ技術の基礎知識をもっていることが望ましい

修得知識 ・モータ・インバータ一体化の利点と課題、それぞれの設計方法、統合設計方法

プログラム

1.機電一体モータの動向

(1).自動車主機用機電一体モータ

(2).自動車補機用機電一体モータ

(3).多相モータ・多重モータ

(4).インホイールモータ

 

2.機電一体インホイールモータの設計

(1).設計の考え方

(2).モータ

(3).インバータ

(4).ギア・ケース

 

3.機電一体インホイールモータの特性

(1).出力特性

(2).効率特性

 

4.応用と今後の動向

  ・電気自動車 ほか

キーワード 電気自動車 機電一体モータ 多相モータ 多重モータ インホイールモータ 出力特性 効率特性
タグ パワーデバイスモータ自動車・輸送機制御電気発電
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日