超音波センサの基礎と回路設計のポイントおよび効果的な活用法 ~デモ付~ <オンラインセミナー> 

~ 超音波特有の物理現象の理解、送信・受信回路技術、距離測定・位置検出・形状認識への応用および最新技術 ~

超音波システムにおける特徴を理解し、それを活かした応用製品の開発をするための講座

・生体に対する被侵襲性、取扱いの簡便さ、伝搬距離の長さといった特徴を活かし、障害物検知、異常診断、距離測定、位置検出、非破壊検査などに応用しよう!

・超音波技術に関して初学者の方にも分かりやすく、超音波センサの基本回路が学習できます

・具体的な事例を数多く紹介すると共に、最新の超音波センサシステムの応用例も解説します

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

講師の言葉

 超音波センサは生体に対する被侵襲性、取扱の簡便さ、伝搬距離の長さ、といった特徴を持ち、異常診断、非破壊検査、地下資源探査、海洋開発などの幅広い分野への展開が期待できる。また、近年、WPT(Wireless Power Transfer)の分野への展開もなされるようになってきた。一方で、分解能や精度の低さがその応用に制限を加えている。このような超音波システムの利点、欠点を十分把握した上で各種の検査システムや自動システムへの応用を考える必要がある。

 本セミナーでは、超音波現象及び超音波センサについて、単なる事例紹介や応用例の提示だけではなく、その根本から理解してもらえるよう易しく解説する。特に、他分野からこの分野に取り組んで間もない初学者にとって障害になっているのは、専門書を読んでもなかなか理解しにくい超音波特有の物理現象である。本セミナーではこのような現象をシミュレーションにより理解してもらう。その上で簡単な超音波回路であれば、それを理解し、製作できるスキルを身につけてもらうことを目的とする。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年09月23日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー オンラインセミナー電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・超音波関連分野の開発に新たに携わる技術者の方
・超音波分野の新たな展開を考えている技術者の方
・実際に超音波センサ回路について体験してみたい技術者の方
・障害物検知・人検知・車検知・物体検知センサ、計測装置、検査装置など関連企業の技術者

予備知識 ・大学の理学部や工学部卒業程度の知識
(超音波に関する知識は必要としません)
修得知識 ・超音波に関する諸技術の背景にある物理現象が理解できます
・簡単な超音波センサ回路であれば、自分で設計・製作できるスキルが身につきます
・最新の超音波応用技術に関する知見が深まります
プログラム

1.超音波の基礎

  (1).音とは

  (2).音の種類

  (3).超音波の発生機構(音源)

     ・音響インピーダンス

  (4).音の減衰

  (5).音の反射、屈折

  (6).超音波の特徴

    ・パッシブ法とアクティブ法

  (7).超音波の応用

a.超音波計測の応用

b.各種検査手法としての応用

c.超音波エネルギーとしての応用

d.エネルギーや情報の伝達手段としての応用

e.日常生活での超音波の活用事例

 

2.超音波の物理現象

  (1)  音波の伝搬に関する物理現象

  (2).音波の波動方程式の誘導

  (3).波動方程式の解法例

  (4).FDTD法による超音波波動方程式の解法とシミュレーション

  (5).シミュレーションによる超音波現象の解析

   (6).超音波集束技術

a.音響レンズ

       b.フェイズドアレイ

c.その他の集束技術

 

3.超音波の送信・受信回路

  (1).超音波センサの種類

a.超音波センサの選定基準

b.市販の超音波センサの例

  (2).送信回路

a.超音波パルス発振回路

b.超音波発振回路

c.超音波センサドライバ回路

  (3).受信回路

     ・受信回路の出力例

  (4).超音波センサを用いた簡単な計測回路の例

a.超音波の信号処理回路の例

b.検波回路

c.時間測定ゲート回路

d.信号検出回路

  (5).FPGAを用いた送信・受信回路の応用例

a.FPGAによる制御

 

4.超音波センサの活用例

  (1).距離測定の応用

a.超音波距離計測の原理

b.精度向上手法

c.分解能向上手法

d.超音波距離計測器の構成

e.距離測定結果

f.温度変化による誤差の補正

  (2).位置検出の応用

a.代表的な位置検出法

b.超音波位置検出システム

c.ToA法による測定装置

d.計測結果

  (3).形状認識の応用

a.超音波形状認識法

b.形状認識に用いる音圧データの取得法

c.超音波反射音圧の測定装置

d.超音波間の特性の補正

  (4).その他

     ・超音波送信アレイの試作

キーワード 超音波 超音波センサ 波動方程式 パッシブ法 アクティブ法 FDTD法 距離測定 位置検出 形状認識 分解能 音響レンズ フェイズドアレイ
タグ 精密機器・情報機器センサノイズ対策・EMC・静電気回路設計・フィルタ基板・LSI設計
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日