機械・構造物における劣化・損傷原因と寿命評価および劣化・損傷対策

~ 損傷部材の調査方法と注意点、劣化・損傷原因の分類、劣化・損傷対策と寿命評価・リスク管理方法 ~

・機械構造部材の不具合発生時の損傷原因究明と対策、寿命評価について具体的事例に基づき修得する講座
・機械・構造物の劣化・損傷原因を的確に究明し、不具合・長寿命化対策やリスク管理に活かすためのセミナー!

講師の言葉

 機械装置は、しばしば不具合が発生し、場合によっては重大災害に発展する。一方、製造設備、インフラ設備の長期間使用による経年劣化も深刻な状況になっている。損傷原因か経年劣化によるものか、単独事象なのかを見極めた対策を立てることが重要であり、対応が間違えば安心、安全上の問題ばかりでなく、経営的にも大きな損害の発生要因にもなる。
 損傷調査は5ゲン主義(現場、現物、現実、原理、原則)が重要である。本講習会では、金属材料を対象とした機械構造部材の不具合発生時(損傷・事故)の損傷原因究明と対策、管理方法など具体的事例を紹介しながら、分かりやすく解説する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年09月25日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備加工・接着接合・材料
受講対象者 ・機械製造、設傭管理、品質保証部、不具合対応部門、保全部、設計部門等に従事している技術者や、機械材料関連の研究開発に従事している技術者
予備知識 ・材料力学の初歩の知識があると理解が深まります
修得知識 ・機械系構造物の損傷原因究明での注意点や、系統的な損傷調査、寿命評価、劣化損傷対策、リスク管理のポイントが分かる
プログラム

1.はじめに ~ 機械、構造物における劣化と損傷評価技術 ~
  (1). 本講義の目的   
  (2). 機械、構造物における劣化と損傷評価技術

2.損傷原因(なぜ故障するのか)と劣化評価 
  (1). 製造者側 設計ミス、製造ミス
  (2). 使用者側 操作ミス、メンテナンスミス、負荷過重の増大、人的ミス
  (3). 環境変化 
  (4). 経年劣化
  (5). 技術の未熟(想定外)
  (6). 偶発事故と損傷確率

3.損傷部材の調査方法と注意点 
  (1). 損傷部材の取り扱い
  (2). 破損箇所の特定(1次原因の究明が重要)と調査方法
  (3). 光学顕微鏡観察試料作成と金属組織観察
  (4). 破面観察装置と観察のポイント
  (5). 現場での検査方法(レプリカ法)と評価
  (6). 損傷調査事例の紹介

4.劣化・損傷原因の分類および寿命評価
  (1). 延性破壊(過重操作、操作ミス)
  (2). 腐食・摩耗による劣化・損傷
  (3). 疲労損傷と寿命評価
  (4). 脆性破壊
  (5). クリープ損傷と寿命評価
  (6). 材質劣化と補修方法

5.劣化・損傷対策とリスク管理方法について
  (1). 損傷範囲の特定 (対策方法の決定・設計・製造方法・環境)
  (2). 製造方法と品質管理方法
  (3). 実機計測とモニタリング技術
  (4). 保全管理、維持基準など
  (5). リスク管理手法(RBM法)の紹介

6.まとめ、質疑応答、個別問題対応

キーワード 損傷原因 劣化評価 経年劣化 破面観察 延性破壊 腐食 摩耗 疲労損傷 脆性破壊 クリープ損傷 寿命評価 RBM法
タグ プラント応力解析機械腐食・防食構造物
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日