包装技法および包装設計技術とそのポイント

~ 輸送包装設計技法、緩衝、防湿、防錆設計技法 、機能性設計、分離・分別容易な包装設計法、流通時の製品追跡と偽造防止方法 ~

・再生再利用が前提となった包装設計技法を修得し、実務で応用するための講座
・緩衝、防湿、再生再利用対応など多くの製品に共通の基本的な包装設計技術や包装技法を学び、製品の包装開発に活かそう!

講師の言葉

 SDGs対応で包装材料は再生再利用が前提になり、包装設計の考え方が変わってきた。多くの製品は一次包装、二次包装さらには三次包装されてグローバルに流通している。2015年のパラダイムシフトをきっかけに産業活動が「低炭素」から「脱炭素」に代わり、製品の再生再利用が基本になってきている。この流れに合致しない包装は流通することが難しくなる。Circular economyの考えが普及し、特に包装に多く使用されるプラスチックはchemical recycleの方法に欧州は大きく舵を切った。
 一次包装、二次包装ではプラスチック再生品に要求される内容も異なる。製品の包装設計には検討すべき多くの項目がある。ここでは、多くの製品に適用できる共通の基本的な包装設計の手順、検討項目を説明し、更に具体的に電子部品、機械部品、食品、化粧品、医薬品などの包装設計事例を説明した後、各製品に共通する基本的な課題について設計の演習課題を数件あげ課題解決の訓練を行い、今後の日常のビジネス活動に展開できるようにする。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年04月10日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・電子部品、機械部品、食品、化粧品、医薬品などの企業で包装に携わる方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・包装設計で検討すべき項目
・再生再利用できる包装設計の考え方
・包装設計に必要な内容物保護機能
・酸素バリア性、水蒸気バリア性の素材知識
・包装技法、包装機械、包装試験方法
・必要な包装材料の仕様設計方法
・包装関係の法規制
・流通時の製品追跡と偽造防止方法
プログラム

1.SDGs(持続可能な開発目標)の理解と包装の大きな流れ
  ・SDGs対応が必要な包装設計

2.包装設計技法とそのポイント
  (1).消費者包装設計技法
    a.事業戦略策定
    b.商品開発戦略及び市場分析
    c.包装コンセプト作成
    d.包装のアイデア
    e.試作品評価、包装仕様決定
    f.発売、発売後の評価・改善
    j.包装設計時の包装ライン配慮事項
    h.主な商品の包装設計時の配慮事項
  (2).輸送包装設計技法
    a.包装対象製品に必要な包装保護機能確認
    b.輸送包装設計の範囲
    c.コストの考え方
    d.基本的な包装設計手順
    e.緩衝、防湿、防錆設計
    f.包装試験
  (3).防湿設計技法
    a.素材利用
    b.吸湿剤利用
  (4).酸素バリア設計技法
    a.素材利用
    b.脱酸素剤利用
    c.包装の構造による方法
  (5).機能性設計
    a.保香性包装
    b.非吸着包装
    c.防錆包装
    d.遮光性包装
    e.帯電防止包装
    f.緩衝包装(一次及び二次包装設計)
  (6).易開封・再封包装設計技法
  (7).再生再利用対応の包装設計
    a.分離・分別容易な包装設計法
    b.再生材料由来のプラスチック利用
    c.再生可能原材料由来の素材利用
    d.再生再利用技術の現状

3.包装技術とそのポイント
  (1).封緘技術
    a.ヒートシール
    b.ヒートシール以外の方法
  (2).一次包装用の充填包装機の理解
    a.既成パウチ充填
    b.ピロー包装
    c.成形充填包装機(真空成形、スキンパック、ブロー成形など)

4.物流、偽造防止
   ・Track & trace
    (流通時の製品追跡と偽造防止方法)

5.包装関係の法規則
  ・包装関係の規則について解説

キーワード 包装設計 酸素バリア性 水蒸気バリア性 輸送包装設計技法 包装保護機能 緩衝 防湿 防錆設計 包装試験 防湿設計技法 酸素バリア設計技法 機能性設計 易開封・再封包装設計技法 再生再利用対応 封緘技術 ヒートシール 充填包装機 パウチ充填 ピロー包装 ブロー成形
タグ 樹脂・フィルム包装
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日