永久磁石同期モータの基礎とベクトル制御のポイント <オンラインセミナー>

~ 永久磁石同期モータのトルクと回路表現、120度通電と180度通電、PWMと変調率、回転直交座標系でのベクトル表現、座標変換、干渉項と非干渉制御 ~

・独学では理解しづらいベクトル制御について、必要な基礎知識から学び、演習を通して理解を深める講座!

・永久磁石同期モータの原理や等価回路表現からベクトル制御技術までを学び、高効率なモータ制御に活かそう!

・現役エンジニアの講師が実務経験に基づき、要点を解説します!

エクセルファイルは希望者に差し上げます

オンラインセミナーの詳細はこちら:

・WEB会議システムの使い方がご不明の方は弊社でご説明いたしますのでお気軽にご相談ください。

講師の言葉

 永久磁石同期モータ(ブラシレスDCモータ)の制御には三角関数・微分や電気・磁気の知識が必要です。これらの多くは、高校で学ぶ知識ですが、どれだけの方がそれを覚えているでしょうか?

 本講座では、モータ制御の理解に必要なそれらの基礎知識の復習からベクトル制御までをわかりやすく説明します。ソフトウェア開発が本業で、電気回路はよく分からないという方や、モータ制御の本を買って読んでみたけれど数式がたくさん出てきてよく分からなかったという方が、「そういうことなんだ!」と感じていただけるのではないかと思います。

 また、本講座では、Excelで波形を確認することで、より理解できるようにしています。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年06月10日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 オンラインセミナー
カテゴリー オンラインセミナー電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・永久磁石同期モータ制御をこれから学びたいと考えている方
・永久磁石同期モータ制御の業務に携わっているが、基本を学び直したいと考えている方
・永久磁石同期モータ制御の本を読んでもよく分からず挫折された方
予備知識 高卒レベルの電気・磁気知識、数学知識(三角関数、微分、行列・ベクトル)
※ 講座内でもご説明します
一般的なExcel操作
修得知識 ・永久磁石同期モータ制御を理解するための基礎知識
・永久磁石同期モータの原理と等価回路表現
・永久磁石同期モータのベクトル制御
プログラム

1.モータ制御に必要な基礎知識

  (1).交流回路、運動方程式とトルク

 

2.永久磁石同期モータ

  (1).永久磁石同期モータの種類

    a.表面磁石型と埋め込み磁石型

    b.分布巻と集中巻

  (2).永久磁石同期モータのトルク

    a.磁石トルクとリラクタンストルクの発生原理

    b.回転子位置とトルクの関係

  (3).永久磁石同期モータの回路表現

    a.誘起電圧

    b.インダクタンス Ld, Lq

 

3.インバータによる電圧出力

  (1).120度通電と180度通電

  (2).コイル磁束の回転方法

  (3).PWMと変調率、線間変調、2相変調

  (4).デッドタイムとその補償

 

4.ベクトル制御

  (1).回転直交座標系でのベクトル表現

  (2).座標変換(相対変換と絶対変換)

  (3).一般的なフルベクトル制御

  (4).干渉項と非干渉制御

  (5).励磁電流制御系(トルク/電流比最大制御、弱め界磁制御)

キーワード 永久磁石同期モータ PMSM 誘起電圧 d軸 q軸 回転子位置 インダクタンス PWM デッドタイム コイル磁束 180度通電 回転直交座標系 座標変換 フルベクトル制御
タグ モータ制御
受講料 一般 (1名):51,700円(税込)
同時複数申込の場合(1名):46,200円(税込)
会場
オンラインセミナー
Web会議システムを使用してオンラインセミナーとして開催します
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日