材料力学の基礎と強度設計への活用ポイント ~演習付~

~ 応力とひずみ、強度設計、許容応力と安全率、強度不足による破損と対策、CAEと材料力学~

・実務経験豊富な講師から、材料力学の基礎と設計業務での強度設計・強度評価への活かし方について修得する講座!

・材料力学の基礎から応力計算、CAEへの活用法について学び、強度不足による破損の防止に活かそう!

講師の言葉

 3DCADの普及に伴い、専任者がCAEを使用するのではなく、設計者が使用する設計者CAEが普及しています。設計者CAEでは、高度な解析計算が簡単にできるようになりました。その一方で、数値を入力すれば答えが出ることもあり、構造解析や材料力学の基礎知識もなく使用している場面も見受けられます。

 本講座では、材料力学を中心に基礎的な理論を学び、設計に活用していただくことを目指します。

受付を終了いたしました

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年04月15日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備加工・接着接合・材料
受講対象者 ・自動車部品、機械、装置、電子機器等の設計担当者の方
・設計で活用する材料力学について基礎を学びたい技術者の方
予備知識 ・高校卒業レベルの力学知識があれば大丈夫です
修得知識 ・材料力学の基礎知識
・構造解析の基礎導入部分の知識
・強度設計、強度評価への活かし方
・設計者CAEの最新動向
プログラム

1.材料力学の基礎

  (1).力の種類

  (2).応力とひずみ

  (3).梁

  (4).ねじり(ねじりトルク)

 

2.強度計算:電卓を使った演習

  (1).応力の計算

  (2).曲げモーメントの計算

  (3).断面2次モーメントの計算

  (4).曲げ応力の計算

  (5).伝導軸の計算

 

3.強度設計への活用

  (1).設計に潜在するリスクの見つけ方

  (2).手計算とCAE活用とその比較

  (3).強度不足による破損と対策

    a.許容応力と安全率

    b.応力集中

    c.繰り返し荷重

    d.座屈

 

4.設計のための最新トピックス

  (1).設計者CAE

 

関数電卓をご持参ください

キーワード 材料力学 応力 ひずみ 梁 ねじりCAE 応力集中 繰り返し荷重 座屈 有限要素法 FEM
タグ 強度設計材料力学・有限要素法
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日