5G通信(IMT-2020)およびローカル5G通信と最新技術動向

~ 超高速、低遅延・高信頼、多数同時接続を実現する5G通信の最新技術とサービス動向、ローカル5G技術とアプリケーション ~

・実用化目前となり、技術競争が激化している5G通信と急速に話題を集め参入が急増しているローカル5G技術を先取りし、製品やシステム開発に活かすための講座
・制度化が始まり、採用企業が増えているローカル5G技術を修得し、スマート工場の実現に活かそう! 
・超高速通信、低遅延・高信頼通信、多数同時接続を実現する5G通信への対応を急ごう!

講師の言葉

 3GPPとITU-Rが中心になって標準化を進めてきた5G(IMT-2020)携帯電話網は、2019年秋に一部の仕様でサービスが開始され、通信事業者や通信機器ベンダ、サービスベンダによる技術競争が激化している。
 5Gは、4G(LTE-Advanced)に比べて数10倍の超高速通信(4K/8K動画配信、VR/ARコンテンツ活用等)に加え、これまでにない低遅延・高信頼(車の自動運転支援やプラント・工場などにおける異常通知等)通信、および多数同時接続(センサやデバイスを対象としたIoT対応、LPWA対抗)を実現する。この多様なサービス提供に対応するため、ネットワーク仮想化(NFV/SDN、ネットワークスライシング)、MEC(Mobile Edge Computing)、V2X(Vehicle to Everything)等のソフトウェア技術を新たに開発、導入する。
 また、ローカル5Gの呼び名で、5Gの技術を建物内や敷地内など比較的閉い領域内で5Gの技術を活用する企業向けのサービスが、2019年より急速に話題を集めている。
 本講座では、まず2018年6月に発行された3GPP リリース15(基本仕様)に盛り込まれた内容、2020年3月完了予定のリリース16(全体仕様)向けに提案されている最新の標準化内容を含め、5Gの技術、サービスの最新動向を詳説し、2030年サービス開始を目指す6Gへの展望についても述べる。
 さらに、5Gの技術を活用したローカル5Gについて、概要、運用条件、提供サービス、課題、今後の展望等を含めその全容を詳細に述べる。

セミナー詳細

開催日時
  • 2020年01月27日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・システム、ネットワーク、無線通信関連企業の技術者の方
・特に新世代の5G携帯電話網、各種センサを含むM2M/IoT、センサネットワーク、無線通信等の無線ネットワーク、IoTシステムを構成するクラウド、自動運転、ITS(高度道路交通システム)、工場やビル、建設現場等を含む企業ネットワーク等に関連する技術者、研究者の方
・5G/ローカル5GやIoTビジネス、自動運転の企画・推進等に携わる方
・5G/ローカル5GやIoT、自動運転を含むICT関連企業の方
予備知識 ・携帯電話網、センサやクラウドを含むIoTシステム、センサネットワーク、ITS(高度道路交通システム)、自動運転を含む無線ネットワークおよびその動向に関する基礎知識があれば理解しやすい
修得知識 ・4Gまでと異なり、「超高速通信(4K動画配信、VR/AR等)」、「低遅延・高信頼(車の自動運転支援やプラント・工場などにおける異常通知等)通信」、「多数同時接続(IoT対応、LPWA対抗)」の性能・機能の大きく異なる3つのサービスを提供する5Gに適用される最新技術およびサービス動向
・5Gを含めたIoTが生み出すビジネスの展望が明確になる
・ローカル5Gの全容とその最新動向、将来展望
プログラム

1.携帯電話網の標準化機関と動向
  (1).3GPPとITU/ITU-R
  (2).携帯電話網の変遷

2.3GPPとITUの組織構成と活動
  (1).3GPP
  (2).ITU-RとITU-T

3. 5G携帯電話網
  (1).5Gに向けた3GPPの活動
  (2).5Gの利用シナリオ、要求条件
  (3).種類のサービス: eMBB(超高速通信)、URLLC(超高信頼・低遅延)、mMTC(多数同時接続、IoT/LPWA対応)
  (4).5Gの技術概要
    a.物理層Ⅰ: 全体概要
     ・周波数利用率向上
           *MUST符号化方式とNOMA、Filtered-OFDM、Massive MIMO
     ・ 周波数帯域の拡大
     ・ 高密度ネットワーク
           *デュアルコネクティビティ、高度化C-RAN、C/U分離、スモールセル
    b.物理層Ⅱ: リリース15(2018.6に完了した5G基本仕様)までの標準仕様
     ・ 5Gアクセス網(NR)の主要諸元
     ・ 5Gアクセス網標準仕様 – 高速化大容量化
           *広い周波数レンジへの対応、広帯域への対応、Scable numerology/Short TTI、新チャネル符号化(誤り訂正符号(LDPC/Polar符号)、Massive MIMO/アクティブアンテナ・ビームフォーミング
     ・ 5Gアクセス網標準仕様 ? 低遅延化
           *Short TTI、高速再送制御Fast HARQ-ACK
    c.使用周波数(ITU-R WRCにおける検討詳細)
    d.ネットワーク概要
     ・4Gと5Gのネットワークアーキテクチャ比較
     ・ RAN-CNアーキテクチャ
      (NSA(4Gと5Gのハイブリッド)とSA(5Gのみのスタンドアロン)
     ・ 5Gネットワークの進展推移
    e.システムアーキテクチャの技術要素
     ・ ネットワーク仮想化(SDN/NFV、MANO、ネットワークスライシング)
     ・ MEC
     ・ V2X(C-V2X vs. DSRC)と自動運転
     ・ SON(自己組織化ネットワーク)
    f.3種類のサービス(eMBB、URLLC、mMTC)の実現技術まとめ
    g.リリース16(2020.3完了予定の5G全体仕様)に向けた2019.4現在の主な提案
    h.5Gのまとめ
    i.チップとモジュール
    j. 2017-2020年の国内実証実験 
  (5).3GPP、ITU以外の機関の動き – ETSI、5G PPP、oneM2M、OMA、NGMN、5GMF(国内)

4.6G携帯電話網の展望、課題
  (1).標準化とサービス展望
  (2).6Gに向けた無線通信の大容量化の方向性

5.ローカル5G技術とアプリケーション
  (1).ローカル5Gとは
  (2).ローカル5Gの背景と狙い
  (3).ローカル5Gの運用条件
  (4).ローカル5Gの使用周波数
  (5).ローカル5Gのアプリケーション
  (6).ローカル5GとLPWA
  (7).ローカル5Gの課題
  (8).ローカル5Gの動向と将来展望

キーワード 5G携帯電話 eMBB URLLC mMTC IoT/LPWA MUS符号化方式 NOMA  Filtered-OFDM  Massive MIMO デュアルコネクティビティ C-RAN スモールセル ビームフォーミング ネットワークスライシング V2X  SON 自己組織化ネットワーク ローカル5G 6G携帯電話網
タグ アンテナ通信無線
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日