「多目的設計最適化」の基礎と設計への応用・事例

~ 勾配法で解く多目的設計最適化問題、最新の多目的進化アルゴリズム、パレート最適解からのデータマイニング技術 ~

・機械学習と並ぶ設計における必須技術である「多目的最適化技術」を先取りし、設計実務へ応用するための講座
・人が思いつかないような設計を自動的に短時間で見つけることが可能な「多目的最適設計」を修得し、設計の効率化をはかろう!

講師の言葉

 設計最適化、とくに、多目的設計最適化が近年世界的に大きな注目を集め盛んに研究されています。その理由は、それぞれの設計分野の技術者やエキスパートがこれまで思いつかなかったような設計をコンピュータが自動的に短時間で見つけてくれることにあります。
 競争がますます激化している産業界で生き残るためには、ディープラーニングに代表される機械学習と並んで、まさに必須の技術と言うことが出来るでしょう。
 本セミナーでは、多目的設計最適化の基礎から、その宇宙分野での適用事例まで解説していきます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年11月14日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・多目的設計最適化を知らないけれども、興味がある方
・多目的設計最適化を業務として行っているけれども、より効果的に多目的設計最適化を活用したい方
・自動車、機械、電子機器ほか関連企業の設計・開発部門の方
予備知識 ・設計技術の基礎
・微分積分・線形代数・統計学などの基礎数学
修得知識 ・多目的設計最適化の基本的な仕組み
・設計最適化の目的に応じて最適化アルゴリズムを選ぶコツ
・設計最適化の結果得られたデータからの設計知見抽出方法
プログラム

1. 多目的設計最適化とは
  (1).設計最適化とは
  (2).多目的設計最適化とは
  (3).多分野設計最適化とは

2.多目的設計最適化問題を解く
  (1).設計最適化の準備
  (2).ノーフリーランチ定理
  (3).設計最適化手法の概要
  (4).勾配法とは
  (5).勾配法で多目的設計最適化問題を解く
  (6).設計最適化を行うにあたっての心得

3.基本となる設計最適化手法
  (1).大域的最適解と局所的最適解
  (2).一般的な設計最適化アルゴリズムの前提条件
  (3).グリッドサーチまたは実験計画法
  (4).ランダムサーチ
  (5).勾配法
  (6).焼きなまし法

4.多目的進化アルゴリズム
  (1).進化アルゴリズムとは?
  (2).多目的進化アルゴリズムとは?
  (3).NSGA-II
  (4).多目的進化アルゴリズムの詳細
  (5).最新の多目的進化アルゴリズム:どのアルゴリズムを使えばよいか?

5.多目的設計探査
  (1).多目的設計探査とは?
  (2).パレート最適解からのデータマイニング技術
  (3).翼型の空力設計最適化への適用

6.「多目的最適設計」の応用と事例
  (1).H-IIIロケットエンジンターボポンプの流体設計最適化
  (2).宇宙機の軌道設計最適化

キーワード 多目的設計最適化 多分野設計最適化 ノーフリーランチ定理 勾配法 ランダムサーチ 焼きなまし法 多目的進化アルゴリズム パレート最適解 データマイニング
タグ 精密機器・情報機器データ分析機械最適化・応力解析自動車・輸送機設計・製図・CAD精密機器電子機器流体解析
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日