車載制御ネットワークプロトコルの基礎とアプリケーション開発への応用

~ 車載制御ネットワークのシステム構成、CAN、LIN、FlexRay、Ethernetにおけるプロトコルの詳細と応用と適応事例

・広く使われているCAN、LIN、今後期待されるEthernetを学び、システムへ応用するための講座

・車載ネットワークにおける各種プロトコルの特長や応用技術を修得し、アプリケーション開発へ活かそう!

講師の言葉

 自動車の制御システムは、自動運転やコネクテッドカーに向けて、より堅牢にかつ安全に設計されることが求められています。このような背景から、自動車の制御システムの基礎として、車載制御ネットワークとして広く使用されているController Area Network(CAN)やLIN(Local Interconnect Network)や今後はEthernet まで広く利用されることが想定されおり、これらのプロトコルとアプリケーション事例について解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年12月12日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・自動車の電子制御機器および産業機器の開発者の方
・これから自動車の制御ネットワークプロトコルを勉強したいという方
・CANやEthernetなど車載制御ネットワークの歴史や背景を知りたいという方
予備知識 ・ソフトウェア開発者/技術者(C言語を知っていることが望ましい)
・OSI参照構造の概念を知っていることが望ましい
・組込みソフトウェアの経験がある方が望ましい
修得知識 ・車載制御ネットワークのプロトコルの内容
・車載制御ネットワークを利用したシステム例
・セキュリティなどの事例や研究事例
プログラム

1.車載ネットワークの基礎
  (1).車載制御ネットワークの基礎
    a.車載制御ネットワークの歴史
    b.車載制御ネットワークのシステム構成例
  (2).車載制御ネットワークの要件、課題、今後

2.Controller Area Network (CAN)と応用・事例
  (1).プロトコル概要
  (2).アプリケーションの適用事例
    a.車載制御ネットワーク全体
    b.ボディ制御への応用
    c.自動車以外の事例
  (3).課題や研究事例

3.Local Interconnect Network (LIN)と応用・事例
  (1).プロトコル概要
  (2).アプリケーションの適用事例
    a.ECUのセンサー制御
  (3).課題や研究事例

4.FlexRayと応用・事例
  (1).プロトコル概要
  (2).アプリケーションの事例
    a.当初想定された制御システムのFlexRay化
    b.シャシー制御への応用
  (3).課題や研究事例

5.Ethernetと応用・事例
  (1).プロトコル概要
  (2).アプリケーションの事例
    a.ADAS
    b.バックボーン化
    c.車載制御ネットワーク全体のIP化
  (3).課題や研究事例

6.まとめと質疑

キーワード 車載制御ネットワーク プロトコル CAN ボディ制御 LIN  ECU FlexRay シャシー制御 ADAS
タグ セキュリティ・暗号センサネットワーク自動車・輸送機車載機器・部品制御ECU
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日