ウェブ搬送機器における制御技術とシステム開発への応用

~ テンション制御の基礎、トルク制御と速度制御、テンション検出器・アクチェータの選定、ロールtoロールシステムの基礎、応用製品事例 ~

・体系的に学ぶ機会のないウェブ搬送におけるテンション制御技術を修得するための講座
・仕様に合致した適切な機械設計と制御システムを選定し、生産性が高く、トラブルのない製品開発に活かそう!

講師の言葉

 テンション制御技術は包装や印刷機など限られた業種のニッチな技術で、機械装置メーカや素材メーカがノウハウとして蓄積している技術を継承しているだけで、体系的に技術が紹介されることは少なかった。しかし近年、光学フィルムや電子部品をはじめ、リチウムイオン電池製造などに重要な技術のひとつになってきた。
 テンション制御は“大は小を兼ねない世界”で仕様に合致したちょうど良い機械設計と制御システムを選定しなければならない。これを理解するためにはテンションの発生原理などの基礎を理解したうえで、それをどのような方法で制御したら良いか、また何を使って制御したら良いかを理解することから始まる。
今回はテンション制御の原理から、制御用アクチェータの使い分け、システム構築の入口までを解説いたします。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年10月08日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・フィルム、金属箔などロール状に巻かれた材料を連続加工するための機械装置設計、電気設計、制御技術者の方
・ウェブ搬送機械を使用した素材の量産技術担当者、ほか関連技術者の方
予備知識 ・機械や制御の基礎知識があると分かりやすい
修得知識 ・テンション制御の基礎、制御方法、システム構築の基礎、テンション検出、アクチェータの種類と使い分け、機械仕様上の課題と対策 など
プログラム

1.ロールtoロールの世界
  (1).ロールtoロール制御
  (2).ロールtoロールとウェブ
  (3).ロールtoロールの特徴
  (4).ロールtoロールと張力制御
  (5).張力制御の目的
  (6).ロールtoロールと身の回りの製品

2.テンション制御の基礎
  (1).張力とは
  (2).巻軸のトルクと力の関係
  (3).慣性モーメントの影響
  (4).メカロスの影響
  (5).巻軸のトルクと三種類の力

3.トルク制御と速度制御
  (1).トルク制御と速度制御
    a.トルク制御のしくみ
    b.トルク制御とスリップ
    c.速度制御のしくみ
    d.速度制御と同期
  (2).トルク制御と速度制御の使い分け 
  (3).速度制御の例

4.テンション制御システム
  (1).張力制御の方法
  (2).テンション検出器によるトルク制御
  (3).ダンサーロールによるトルク制御
  (4).ダンサーローラによる速度制御
  (5).テンション検出器による速度制御

5.テンション検出器
  (1).テンション検出器の種類と特徴
  (2).テンション検出器にかかる力と選定
  (3).テンション検出器選定のポイント
  (4).自動調心式ピロー形ユニット/自動調心軸受けの使用
  (5).自動調心式ピロー形ユニット/自動調心軸受けの選定

6.ロールtoロール制御用アクチェータ
  (1).アクチェータとは
  (2).アクチェータの制御対象
  (3).インバータとサーボ 
  (4).トルク制御用アクチェータ
  (5).速度制御用アクチェータ

7.アクチェータの選定
  (1).機械仕様の確認
  (2).アクチェータの概略容量の計算
  (3).負荷軸トルクと回転速度の計算 
  (4).仮機種選定
  (5).ギヤ比の選定
  (6).アクチェータ軸トルクと回転速度の計算
  (7).発熱、回生容量の確認

8.ロールtoロールシステムの基礎
  (1).ニップロールとテンションカット
  (2).ロールtoロールとテンション制御
  (3).主軸の設定
  (4).基本のロールtoロールシステム
  (5).制御方法の組合わせ
  (6).中間軸制御の考え方

9.機械仕様上の課題と対策
  (1).メカロス対策
  (2).低テンション制御
  (3).加減速の影響
  (4).ダンサーロールと張力
  (5).低速運転

10.トルク制御を用いたテンション制御の種類
  (1).手動制御
  (2).オープンループ制御
  (3).フィードバック制御 (クローズドループ制御)
  (4).フィードフォワード/フォードバック複合制御
  (5).各制御方式の比較

11.応用製品事例
  (1).モータとパウダクラッチ
    a.ACサーボモータ
    b.ベクトルインバータ
    c.パウダクラッチとブレーキ
  (2).テンションコントローラ
  (3).モーションシステムコントローラとアプリケーションパッケージ

キーワード ロールtoロール テンション制御 張力制御 トルク制御 速度制御 テンション検出器 アクチェータ オープンループ制御 フィードバック制御  クローズドループ制御 フィードフォワード/フォードバック複合制御
タグ アクチュエータ紙送り機構機械制御
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日