材料力学の基礎と機械要素の選定のポイントおよび機械システム設計への応用

~ 機械設計、機械要素の最適な選定、機械運動のポイントおよび機械システムにおける設計のポイントと例 ~

・高機能・高性能・低コストを実現する機械システムの開発・設計に不可欠な知識が修得できる講座
・機械システム設計技術を学び、付加価値の高い機器・ロボットなどの設計開発に活かそう!

講師の言葉

新しい機械システムの設計プロセスにおいては、その機械システムに要求される機能や性能を十分に理解し、それを実現するための運動伝達系の基本設計をしっかり行うことが第一です。この基本設計の成否が設計全体の成否を大きく左右し、機械システムの性能やコストに影響を与えてしまう。
本講座では、機械システムを設計するために必要な材料力学の基礎、機械要素の選定とその使用方法およびそれらを組み合わせた機械システムの設計方法について詳しく解説します。
最後に、紹介した設計方法に基づいて設計・開発を行った管内移動ロボットの開発や移乗介助支援ロボットの機構設計等の具体的な事例を紹介します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年12月20日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・機械設計に興味をお持ちの方で、これから機械設計に携わる方
・機械設計の経験が浅い方で、機械の操作や保守・整備に携わっている方
(輸送機器、ロボット、各種機械、電子機器、プラント、設備などの開発設計・技術・信頼性評価・解析・保守保全などに関わる方や機械材料の研究開発に関わる方)
予備知識 ・業務で機械設計に携わっていると理解が深まります
修得知識 ・機械設計の基礎として製品開発の流れとそのポイントの理解
・動力伝達要素の機能とその使用方法の理解
・機械システムの設計法の理解
プログラム

1. 材料力学の基礎
  (1). 荷重の種類
  (2). 応力とひずみ
  (3). 棒の伸び
  (4). 軸のねじり
  (5). はりの曲げ

2. 機械設計の基礎
  (1). 使用目的による機械の分類
  (2). 製品開発の流れ
  (3). 機械の設計
  (4). 機械製図

3. 機械要素の基礎と最適な選定のポイント
  機械要素の選定を誤ると機械システムの性能や寿命に多大な影響を与えることとなる。
  本章では、機械システムの強度設計を実現するためのねじ、軸系、軸受、動力伝達要素の
最適な選定とポイントについて解説する。

  (1). 動力伝達機構
  (2). 機械要素
      a. 動力伝達要素(歯車)
      b. 軸受・案内要素(転がり軸受、滑り軸受)      
  (3). 軸・締結要素(軸・ねじ)

4. 機械の運動とそのポイント
  (1). 順運動学と逆運動学
      a. 平面機構の運動学
      b. マニピュレータの運動学
  (2). 静力学
      a. 静力学解析
      b. ロボット機構系の設計と力学

5. 機械システムにおける設計のポイントと例
  (1). 機械システム設計のポイント
      a. 要求仕様と必要な機能・性能
      b. 概念設計
      c. 機能モデルとトレードオフ
  (2). 機械システムの設計例
      a. 管内移動ロボットの設計
      b. 移乗介助支援ロボットの機構設計

キーワード 材料力学 応力 ひずみ ねじり 機械設計 機械要素 運動学 
タグ プラント応力解析機械機械要素強度設計構造物最適化・応力解析材料力学・有限要素法軸受け自動車・輸送機
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日