油圧の基礎と油圧回路の設計およびトラブルシューティングへの活かし方

~ 油圧ポンプ・モータ・シリンダ、搖動モータ、バルブ、作動油、アクセサリーと回路設計および保守管理の進め方・トラブルシューティング ~

・産業機械、設備、輸送機器など広範囲で利用される油圧の要素技術を修得し、活用するための講座
・油圧の基礎と回路設計技術を修得し、高出力・高性能な油圧機器の開発や保守保全へ活かそう!

講師の言葉

 あらゆる産業機械で油圧装置が使われていますが、あまり目に触れることがありませんので気が付かないことが多いです。
 そして今はやりの電動化の波が油圧装置にも襲い掛かっています。では何故今油圧なのか?油圧には、電気装置の苦手とする直線運動や大出力、停電も苦にしない省エネ性があります。この講座を受講することにより油圧の面白さが生まれれば嬉しいです。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年10月29日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・油圧を使用している産業機械メーカ、販売業者、保守管理業者で油圧に興味がある方
(産業機械、設備、自動車、産業ロボット、造船、航空機、鉄道車両等で油圧技術に関心のある設計、開発、生産技術、 品質保証部門などの方)
予備知識 ・数学・物理の知識があると理解しやすい
修得知識 ・油圧の特長
・油圧機器を構成するポンプ、モータ、シリンダと搖動モータ、弁(バルブ)、作動油に関する知識
・油圧回路の設計
・油圧機器における保守管理の進め方とトラブルシューティング
プログラム

1.基礎事項
  (1). 油圧とは?
  (2). 油圧の長所・欠点
  (3). 伝達する、流体力学の動力エネルギとは?

2.油圧ポンプと油圧モータ
  (1). 種類と特徴
  (2). 油圧ポンプの構造と作動原理

3.油圧シリンダと搖動モータ
  (1). 種類と特徴

4.弁(バルブ)
  (1). 種類
  (2). 圧力制御弁
  (3). 方向制御弁
  (4). 流量制御弁

5.作動油とアクセサリー
  (1). 油圧作動油
  (2). 油タンク
  (3). その他アクセサリー

6.油圧回路の設計
  (1). 油圧装置設計手順
  (2). 油圧回路基本パターン
  (3). 主要機器の選定法
  (4). 油圧装置の熱収支計算のすべて
  (5). 油圧システムの制御機器と電気シーケンス
  (6). 環境にやさしい油圧の設計ポイント
  (7). HST(ハイドロ・スタティック・トランスミッション)

7.保守管理の進め方(故障発見法・修理法・組立・運転法)とトラブルシューティング
  (1). 保守管理の進め方
  (2). 保守点検要領および対策の概要
  (3). 保守管理基準
  (4). トラブルシューティング

キーワード 油圧 油圧ポンプ 油圧モータ 油圧シリンダ バルブ 作動油 油圧回路 
タグ バルプ・ポンププラント機械
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日