プリント基板設計におけるノイズ対策技術とその勘所

~ 電子回路とノイズ、ノイズと干渉、回路設計、部品配置および配線設計、ノイズ問題の解決策と対策部品 ~

・設計時からノイズを出さない・受けない基板を設計する勘所とポイントが修得できる講座

・難解なプリント基板のノイズ対策設計法とその勘所を修得し、信頼性の高い電子機器の開発に活かそう!

 

講師の言葉

 IoT時代となり、身の回りから工場の設備に至るまで、様々な電子機器がスイッチング電源と高速デジタル回路で構成されてきています。
 これらに共通する難題といえば、何といっても「ノイズ」です。
 中でも、その要であるプリント基板は、無頓着に設計すれば、電源やクロックがノイズをまき散らすことになります。
 また、外来ノイズに反応して誤動作したりするトラブルに追われることもあります。
 製品試験の中でも、これらを試験するEMC試験は困難なものの一つです。
 一方、ノイズ問題は電磁気の知識やアナログ的な手法を要するのでとっつきにくく、アナログ回路を学ぶ機会が少なくなった昨今、また、アナログに詳しいベテラン層が去ってしまった設計現場では、ノイズを単なる厄介者として扱うしか、手がない状況も見られます。
 さらに、プリント基板特有の問題としては、アートワークは外部委託することが多いため、部品配置やパターンに対する配慮を文書化して理解してもらうことも難しい、という点が挙げられます。
 そこで、本セミナーでは、単なるノウハウの羅列ではなく、ノイズの物理現象や性質から始めて、プリント基板に適用する方法、意味を理解した上で対策法を他人に伝えることを体系的に学びます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年09月24日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・プリント基板が原因となるノイズ問題を設計段階から解決したい方
・アートワーク設計を外部委託していて、ノイズに強い基板設計の基本を知りたい方
・EMC基板を源とする放射、或いは感受性問題で試験が通らずお困りの方
・ノイズの発生原因を物理現象として理解した上で対策を取りたい方
・ノイズ設計が社内で伝承されず、後進の技術者の指導方法、外部への伝え方でお困りの方
予備知識 ・電子回路の設計経験、または、ノイズ問題の対策経験
・ノイズに関する基本的な知識
・電気物理の初歩(高校程度)
修得知識 ・設計時点からノイズを出さない・受けないプリント基板を設計する勘所
・ノイズ問題に取り組む際の効率的で実力がアップする方法
・単なるノウハウでない、現象の理解と対策方法
・難解なノイズ問題を少しでも他人に分かりやすく伝える方法
プログラム

1. ノイズの基礎
(1). 電子回路とノイズ
a. 電子基板と電磁環境
b. ノイズとは何か
c. ノイズと干渉
d. ノイズの多面性
e. 過渡的か連続的か
f. 放射か伝導か
(2). ノイズの物理
a. ノイズと電磁気学
b. 交流の基礎知識
c. 周波数スペクトル
d. 波形とスペクトル
e. 見えないLとC
f. 共振という現象
g. 電磁波の発生
h. 電磁波とアンテナ

2. プリント基板のノイズ設計技術
(1). プリント配線の基本
a. 基板とノイb. 伝送線路の理論
c. 信号とリターン経路
d. 電源層・GND層
e. 層構成
(2). 回路設計について
a. 回路構成の設計
b. 能動部品の選択
c. 受動部品の選択
d. ノイズ対策部品の選択
(3). 部品配置について
a. 電源系の回路の配置
b. 伝送回路の配置
c. 対策部品の配置
d. 低ノイズアナログ回路の配置
e. 発熱部品の配置
(4). 配線設計につい
a. クロックラインの配線
b. 電源周りの配線
c. 高速信号線の
d. 外部接続周りの配線
e. アナログ回路周りの配線

3. ノイズ対策への考え方と対策部品
(1). ノイズ問題の解決策
a. 問題の本質を掴む
b. 再現性を確保する
c. 実力アップのために
d. 外部設計対応
(2) 対策部品の知識
a. フェライト類
b. フィルタ類
c. シールド・GND強化部材
d. 電磁波吸収材

キーワード 電子回路ノイズ 電磁波の発生 プリント基板 アナログ回路 電源回路 回路設計 部品配置 配線設計 ノイズ対策 シールド 電波吸収体 EMC 
タグ ノイズ対策・EMC・静電気プリント基板電子部品
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日