LPWAと5G通信の詳細技術と今後の動向

~5Gの利用シナリオ、要求条件、3種のサービス、5Gを含めたIoT/LPWAが生み出すビジネスの展望 ~

・技術開発がピークを迎えている5G通信と普及が拡大しているLPWA技術を修得し、製品やシステムの開発に活かすための講座

・IoTや自動運転に不可欠となるLPWAと5G通信技術をマスターし、高性能な製品開発や高付加価値のあるサービスの開発に応用しよう!

講師の言葉

 本講演では、IoTの本質とそこでのセンサネットワーク、LPWAの役割・提供サービス、LoRaとSigfoxをはじめとする独自仕様LPWA、独自仕様LPWAに対抗するLTE-M(eMTC)とNB-IoTのセルラー(LTE版)LPWA、5GにおけるLPWAの各詳細とその間の優劣比較・サービス展開状況、5Gを含めたIoT/LPWAが生み出すビジネスの展望等について述べる。
 一方、今年に一部のサービス、2020年に本格サービスが開始される第5世代携帯電話網(5G)の技術開発は、ピークを迎えている。5Gでは、4Gまでと異なり、超高速通信(4K動画配信、VR/AR等)、低遅延・高信頼(車の自動運転支援やプラント・工場などにおける異常通知等)通信、多数同時接続(IoT対応、LPWA対抗)の大きく異なる3つのサービスを提供する。
 本講演では、5Gへの物理層(無線通信・変調・制御に関する各種方式・原理)と上位層(SDN/NFV、MANO、MEC、V2X等)への適用技術、開発状況、提供サービス詳細、将来展望について述べる。5Gについては、2018年6月に仕様が確定したリリース15の詳細内容も盛込む。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年05月13日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・IoTおよびIoTの中核ネットワークとなるLPWAとセンサネットワーク、4G/5G携帯電話網等の無線ネットワークに関連する技術者、研究者の方
・IoTや5Gのビジネスの企画・推進等に携わる方
・IoTや5Gを含むICT関連企業の方
予備知識 ・IoT、LPWA、センサネットワーク、携帯電話網(特に4G/5G)を含む無線ネットワークおよびその動向に関する基礎知識
修得知識 ・IoTの本質とそこでのセンサネットワーク、LPWAの役割・サービス、LoRaとSigfoxをはじめとする独自仕様LPWA、独自仕様LPWAに対抗するLTE-M(eMTC)とNB-IoTのセルラー(LTE版)LPWA、5GにおけるLPWAの各詳細とその間の比較、5Gを含めたIoT/LPWAが生み出すビジネスの展望
・4Gまでと異なり、超高速通信(4K動画配信、VR/AR等)、低遅延・高信頼(車の自動運転支援やプラント・工場などにおける異常通知等)通信、多数同時接続(IoT対応、LPWA対抗)の大きく異なる3つのサービスを提供する5Gについて、5Gへの適用技術、開発状況、提供サービス詳細、将来展望
プログラム

第1部 LPWA技術と今後の動向

1.センサネットワーク
  (1).センサネットワーク開発の歴史
  (2).センサネットワークとIoT

2.準広域センサネットワーク
  (1).Wi-SUN
  (2).IEEE 802.11ah(Wi-Fi Halow)
  (3).狭域・準広域センサネットワーク動向まとめ

3.広域センサネットワークLPWA
  (1).LPWAの位置づけと分類
  (2).LPWAの市場予測
  (3).LPWAで提供されるサービス
  (4).LPWAに対する国内での取組み
  (5).LPWAの選定基準
  (6).LPWAの性能

4.独自仕様のLPWA詳細
  (1).概要と料金目安
  (2).LoRa詳細
    a.LoRaの特徴、仕様
    b.LoRaのチップとモジュール
    c.LoRaの想定サービス
    d.LoRaの料金
    e.LoRaの海外での展開状況
    f.LoRaの国内での取組み状況   
  (3).Sigfox詳細
    a.Sigfoxの特徴、仕様
    b.Sigfoxのチップとモジュール
    c.Sigfoxの想定サービスと料金
    d.Sigfoxの料金
    e.Sigfoxの海外での展開状況
    f.Sigfoxの国内での取組み状況
  (4).LoRaとSigfoxの詳細比較
  (5).RPMA
  (6).FlexNet
  (7).EnOcean Long range
  (8).ソニー製 ELTRES
  (9).Weightless-P
  (10).ZETA
  (11).スカイリー・ネットワークス、IEEE 802.15.4k(LECIM)

5.セルラーLPWA詳細
  (1).LTE版LPWA(4G)詳細
    a.LTE版LPWAの特徴、仕様
    b.LTE版LPWAの省電力化技術: eDRX、PSM
    c.LTE版LPWAのチップとモジュール
    d.LTE-M(eMTC、Cat.M1)の詳細仕様
    e.NB-IoT(Cat.M2/Cat.NB1)の詳細仕様
    f.LTE版LPWAの想定サービス
    g.LTE版LPWAの料金
    h.LTE版LPWAの海外での展開状況
    i.LTE版LPWAの国内での取組み状況
  (2).5GにおけるLPWAとその課題
  (3).関連仕様(非LPWAのCat.1)

6.独自仕様LPWA、セルラーLPWA全体比較

7.LPWAの将来展望

第2部 5G通信技術と今後の動向

1.携帯電話網の標準化機関と動向
  (1).3GPPとITU/ITU-R
  (2).携帯電話網の変遷

2.3GPPとITU-Rの活動
  (1).3GPP
  (2).ITU-R

3.5G携帯電話網
  (1).5Gの概要と標準化のロードマップ
  (2).5Gの利用シナリオ、要求条件
  (3).5Gの3種類のサービス:
    a.eMBB
    (4K/8K通信によるVR/AR応用等を実現する超高速化ブロードバンド)
    b.URLLC
    (自動運転、遠隔ロボット制御等を実現する超信頼/低遅延型コミュニケーション)
    c.mMTC
    (IoTを牽引する広域センサネットワークを実現する大量マシン型コミュニケーション)
  (4).5Gの技術概要:
    a.物理層Ⅰ: 全体概要
    ・周波数利用率向上
    *MUST符号化方式とNOMA、Filtered-OFDM、Massive MIMO
    ・周波数帯域の拡大
    ・高密度ネットワーク
    *デュアルコネクティビティ、高度化C-RAN、C/U分離、HetNet、スモールセル
    b.物理層Ⅱ: リリース15(2018.6)までの標準仕様
    ・5Gアクセス網(NR)の主要諸元
    *無線チャネルとその用途、
     サブキャリア間隔とコンポーネントキャリアの帯域幅、スロットとサブフレームとフレーム、TDD方式
    ・5Gアクセス網仕様 – 高速化、大容量化
    *広い周波数レンジへの対応、広帯域への対応、Scalable numerology/Short TTI、
     新チャネル符号化(誤り訂正符号(LDPC/Polar符号))、Massive MIMO/アクティブアンテナ・ビームフォーミング
    ・5Gアクセス網仕様 – 低遅延化
    *Short TTI、高速再送制御Fast HARQ-ACK
    c.使用周波数(ITU-R WRCにおける検討詳細)
    d.ネットワーク概要
    ・4Gと5Gのネットワークアーキテクチャ比較
    ・RAN-CNアーキテクチャ(NSAとSA)
    ・5Gネットワークの進展推移
    e.システムアーキテクチャの技術要素
    ・ネットワーク仮想化
    (SDN/NFV、MANO、ネットワークスライシング)
    ・MEC
    ・V2X
    ・SON
    f.2017-2020年の国内実証実験 
  (5).3GPP、ITU以外の機関の動き
      - ETSI、5G PPP、oneM2M、OMA、NGMN、5GMF(国内)

4.6G携帯電話網の展望、課題

キーワード LPWA センサネットワーク LoRa Sigfox RPMA FlexNet IMT―2020 NOMA変調方式 MUST符号化方式 MassiveMIMO ネットワーク仮想化 eMBB(超高速通信) URLLC(超高信頼・低遅延)mMTC(多数同時接続IoT/LPWA)
タグ アンテナ通信無線スマートフォンネットワークモバイルコンピューティング
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日