乳化・分散の基礎と応用およびスケールアップ

~ 分散の定義・状態、分散力、攪拌機の種類と用途、選定のポイント、スケールアップ、応用事例 ~

・攪拌機を適切に活用した「乳化」「分散」の効率的な方法を実務に活かすための講座

・異なる複数の物質を均一な状態にする「乳化」および固体も含む「分散」の実現技術のノウハウを学び、高品質な製品開発に応用しよう!

講師の言葉

第1部
 攪拌操作の目的は、混合、分散、物質移動、反応、電熱など多岐にわたる。その操作に用いられる攪拌機は、化学、食品、医薬をはじめ、環境、バイオ、エネルギー等各分野で、研究開発から実生産に至るさまざまなプロセスで使用されている。特に、異なる複数の物質を均一な状態にする乳化、分散の操作は、高速攪拌機を中心とした乳化分散機を使用する必要がある。
 本講演では、乳化分散の基礎的な考え方と、攪拌機を中心とした乳化分散機の種類と用途を解説するとともに、高速攪拌機におけるスケールアップの考え方と新しい攪拌方式の解説とともに、実務経験からのノウハウや事例を紹介します。

第2部
 講演者の立場は、物理的な力を作用させて、物を武差異化するという機械系からのものである。界面活性剤を多量にいれて、油と水の張力差をほとんどなくし、簡単な手攪拌でも、可溶化(乳化)させるというケミカル的な手法とは異なる。
 また、ここで話題として扱うのは、あくまでも湿式の分散であり、溶媒は液体ということになる。乾式のジェットミルとはまた異なる。
 世間では、分散=粉砕と混同している人がいる。分散=懸濁と思っている人もいる。その定義もあいまいである。また、機械における力の違いも明確化なっていない。つまり、この湿式分散の世界には、ロジックが成立していない、だから、教科書もそれを扱う書籍もない、
 きちんと整理して、制御をかけてやれば、ナノカーボン・スメクタイト乳化ができる。剥離した黒鉛(グラフェン)で、微細になった油を包み、その黒鉛のまわりに解繊されたCNTが吸着する。そのCNTにより、黒鉛(グラフェン)とCNTによって内包された油粒子が、液中(水)の中に存在できる。分散の形態でいえば、乳化である。界面活性剤は使われていない。なぜ、これができるのか、これを説明することによって、いままで、曖昧となっていた分散の世界が、明確化される。

本講座の申込み受付は終了しました。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年04月24日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策
受講対象者 ・化学、エネルギー、燃料、食品、化粧品、医薬品、バイオほか関連企業の生産技術、製造担当者、技術、開発、研究者の方
・乳化や分散の本質を知りたい方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・乳化・分散技術の基礎
・乳化・分散のための攪拌機の使用方法、選定方法、スケールアップ
プログラム

第1部 乳化・分散の基礎と攪拌操作および高速攪拌機のスケールアップ

1.乳化と分散の基礎
  (1).乳化と分散の概念
  (2).乳化分散の評価 ~粒子径と粘度~

2.攪拌機の種類と用途、選定のポイント
  (1).攪拌の目的
  (2).低速攪拌機
  (3).高速攪拌機
  (4).複合型攪拌機
  (5).選定にあたって

3.高速攪拌機のスケールアップ
  (1).研究開発から生産機に至るスケールアップの考え方
  (2).スケールアップの前提条件
  (3).スケールアップファクター
  (4).データ収集
  (5).スケールアップの留意点

4.新たな攪拌技術について
  (1).原理と特徴
  (2).適用事例

第2部 分散・乳化技術の基礎と応用および事例

1.分散の定義
  (1).分散の種類
    a.粉砕
    b.解砕
    c.解粒
    d.乳化
    e.剥離
    f.解繊
    g.濡れ
    h.溶解

2.分散状態
  (1).分散のそれぞれの状態の差異
    a.粉砕
    b.解砕
    c.解粒
    d.乳化
    e.剥離
    f.解繊
    g.濡れ

3.分散力
  (1).力の種類と方向
    a.力の定義:縦方向
    b.力の定義:横方向

4.分散の基本
  (1).力のかかり方:濡れ性と分散性と空洞化との関係
    a.濡れ性と力のかかり方
    b.撹拌機での泡の状態
    c.高速撹拌機での噴流時での泡の発生
    d.高圧乳化分散機での泡の発生

5.スケールアップ
  (1).スケールアップ重要性
    a.エネルギーの等価性
    b.力の方向性とスケールアップ
    c.高圧乳化装置でのノズル径と粒子径との相関性
    d.攪拌機でのスケールアップの考え方
    e.撹拌機のスケールアップの問題点

6.究極の応用事例
  (1).活性剤フリー、ピッカリング乳化
    a.スメクタイト乳化
  (2).総合事例
    a.ナノカーボン・スメクタイト乳化

キーワード 乳化 分散 粒子径 粘度 攪拌機 スケールアップ 粉砕 解砕 解粒 剥離 解繊 濡れ 溶解 泡 ピッカリング乳化 ナノカーボン・スメクタイト乳化
タグ ゲル・スラリー化学物質攪拌・濾過・蒸留化粧品分散粉体・微粒子
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日