さび・金属腐食の基礎と防食対策技術へのポイント

~ さび・金属腐食の基礎、環境と金属腐食、金属腐食の形態、防食対策のポイント ~

・材料・環境・設計などの要因が複雑に関連する金属腐食に対して適切な対策法を修得する講座
・機械・構造物の防食技術を修得し、長寿命化および高い信頼性が保証できる製品開発へ活用しよう!

講師の言葉

 「さび」と「腐食」は身近な問題ですが、材料と環境、設計などの要因が複雑に関連しているため、腐食原因を調べ、適切な対策をとることは容易ではありません。
 本セミナーでは、さび・腐食の原因調査方法の概要と電気化学等の基礎知識、金属腐食の形態、各種金属材料の耐食性、防食対策技術のポイントについて、事例を交えて講義し、実務に役立つ、腐食の原因調査から防食対策までを提案できる知識、考え方を学んでいただきます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年05月30日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・日常業務のなかで腐食問題に出合うことがある技術者の方
・設計、製造、設備、品質部門の方
・自動車、家電、機械・構造物、プラント、電気・電子、船舶、航空、その他関連企業の方
予備知識 ・高校程度の物理、化学の知識
修得知識 ・現場の腐食問題に対し、腐食の原因調査から防食対策まで、技術者として指導、提案できる体系的な基礎知識が習得できます
プログラム

1.さび・金属腐食の基礎
  (1). 「さび」と「腐食」、腐食の電気化学
  (2). 腐食生成物と不動態、腐食に及ぼす要因
  (3). 腐食原因の調査方法、腐食試験方法

2.環境と金属腐食
  (1).大気中
  (2).淡水中、海水中
  (3).土壌中

3.金属腐食の形態
  (1).湿食、乾食
  (2).全面腐食と局部腐食
  (3).濃淡電池腐食
  (4).異種金属接触腐食
  (5).すき間腐食
  (6).孔食
  (7).粒界腐食
  (8).水素脆化
  (9). エロージョン・コロージョン

4.各種金属材料の耐食性,腐食事例
  (1).炭素鋼、低合金鋼、亜鉛めっき鋼
  (2).ステンレス鋼、高合金鋼
  (3).アルミニウム、アルミ二ウム合金
  (4).銅、銅合金
  (5).ニッケル、ニッケル合金
  (6).チタン、チタン合金

5.防食対策技術のポイント
  (1).塗装、重防食塗装
  (2).電気防食
  (3).溶射、めっき
  (4).環境制御
  (5).防食エンジニアリング事例

6.まとめ、質疑応答

キーワード 金属腐食 不動態 全面腐食 局部腐食 異種金属接触 トライボロジー 金属材料 防食 表面処理 塩水
タグ 金属腐食・防食
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日