レーザ加工技術の基礎と高効率・高品質化および応用

~ レーザ光の基礎、加工精度・効率に関わる諸因子、レーザ切断・溶接技術と工業適用事例 ~

・レーザを用いた加工特性から、切断や溶接における応用までを習得する講座!

・レーザ光の特徴や加工プロセスの基礎から学び、レーザ加工の新規適用や有効活用に活かそう!

講師の言葉

 レーザ光を用いたプロセスはここ数年めざましい広がりを示しつつあるが、高校や大学で触れる機会はほとんどないため、レーザ加工に関する技術者が不足しているのが現状です。加えて、レーザ加工は機械加工とは異なり、機械的工具を用いないプロセスであることから、その加工特性を理解するためには各種基礎知識は大きな助けとなります。

 本講義では、レーザ加工に従事する上で必要となる基礎知識を説明し、レーザ加工を有効に活用して頂くための技術を解説します。

 加えて、近年注目されている銅、アルミニウム合金等のレーザプロセスの安定化、高効率化、高品位化などに関する内容に関しても説明するとともに、レーザ加工の工業適用事例を解説、今後の展望に関しても紹介します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年06月19日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・レーザ加工にこれから取り組む技術者、もしくは従事されている技術者の方
 (自動車部品、機械部品、電子機器、構造物など)
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・レーザ光の特徴と基礎知識
・レーザ加工に必要とされる基礎知識
・レーザ加工の活用法
プログラム

1.レーザ加工の概要

2.レーザ光:発振と制御法
  (1).レーザ発振方式の種類と各種レーザ発振器の特徴
  (2).レーザ光の特徴
  (3).レーザ光の品質
  (4).縮小光学系
  (5).光ファイバ

3.加工精度に関わる「レーザ光と材料の相互作用」について
  (1).レーザ光の吸収
  (2).レーザ光波長とパルス幅の依存性
  (3).熱エネルギーの考え方

4.レーザ加工技術の種類と諸因子
  (1).レーザ加工の大別と特徴
  (2).レーザ加工の効率/品質に影響をおよぼす諸因子

5.レーザ加工の実際
  (1).レーザ切断(アシストガスの効果と特徴)
  (2).レーザ溶接(プロセス安定化、高効率化、高品位化)
  (3).レーザアブレーション加工(プロセスの特徴と考え方)
  (4).マクロ加工の実際と応用
  (5).微細加工の実際と応用
  (6).超短パルスレーザによる先端加工
  (7).レーザ加工を用いたAdditive Manufacturingについて

キーワード レーザ発振方式 レーザ光の品質 縮小光学系 光ファイバ 熱エネルギ レーザ切断 アシストガス マクロ加工 超短パルスレーザ
タグ レーザ加工切削・研削接着・溶着表面処理・めっき
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日