シランカップリング剤の基礎と選定法および使用上のポイント ~個別相談付~

~ シリコーン・シランカップリング剤の基礎、選定方法とポイント、水に対する溶解性、表面処理・接着、性質変化・タイヤ用途などの活用例 ~

・初学者の方にも分かりやすく、原理から選定法、使用上の注意点まで解説する講座!

・シランカップリング剤を活用するための基礎から応用までを学び、密着性・耐水性・流動性・材料強度・接着強度向上などの効果的な改善に活かそう!

講師の言葉

 シランカップリング剤の基礎から応用までわかりやすく説明します。シランカップリング剤の企画、開発を実施した経験から、反応メカニズムと注意点を平易な言葉で説明します。また、メーカーでシランカップリング剤のユーザーであった経験から、応用、使用方法についても注意点を含めてわかりやすく説明します。現在でもシランメーカーとのパイプがあるため、実際の開発についても協力可能、助言も致します。

受付を終了いたしました

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年05月29日(水) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 化学・環境・異物対策
受講対象者 ・現在、シランカップリング剤を使用しているがうまく性能が出ていない気がする方や、もっと性能向上を目指す技術者の方
・使った事はないが、これから使用してみようと思う方、無機物と有機物の接着に取り組んでいる方、ゴムやプラスチックに粉を混ぜるような製品のメーカーやユーザーの技術者の方
予備知識 ・理系高卒程度の化学(有機化学を含む)
修得知識 1.シランカップリング剤の使用方法を、メカニズムも理解したうえで、習得できます
2.また、新規シランカップリング剤についても情報を得ることができます
3.シランカップリング剤についてリコメンドを受ける事が出来ます
プログラム

1.シリコーンの基礎

  (1).シリコーンとは

  (2).Si-O結合の性質

  (3).シリコーンの製造方法

  (4).シリコーン化合物としてのシランカップリング剤

 

2.シランカップリング剤の基礎

  (1).シリコーンとシランの違い

  (2).シランカップリング剤の基本構造

  (3).加水分解基の反応メカニズム

    a.pH依存性

    b.加水分解基の大きさ

    c.加水分解基の個数

    d.有機官能基の種類

    e.反応する相手

  (4).有機官能基の反応

 

3.シランカップリング剤の選定方法

  (1).シランカップリング剤の種類と選定ポイント

  (2).シランカップリング剤の使用時のノウハウ、注意点

  (3).シランカップリング剤の水に対する溶解性

 

4.使用、応用例

  (1).繊維接着

  (2).プライマーとしての使用例

  (3).粒子の表面処理(接着)

  (4).粒子の極性コントロール

    a.無機フィラー表面処理方法詳細

  (5).樹脂のシラン変性

    a.湿気硬化ポリエチレン

    b.アクリル

    c.ウレタン

 

5.新規シラン化合物と特徴

  (1).オリゴマーシランと使用例

  (2).多官能シランと使用例

  (3).タイヤ用新規シランカップリング剤

 

6.グルコキシルシラン

  (1).VOC(揮発有機溶剤)について

  (2).グルコキシルシランの性質

  (3).グルコキシルシランの反応速度

 

7.シランカップリング剤についての個別質疑、リコメンド

キーワード シランカップリング剤 シリコーン 加水分解基 接着 プライマー 表面処理 フィラー シラン変性 密着性 耐水性 防錆 VOC エポキシ樹脂
タグ ポリマー材料接着・溶着表面処理・めっき
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは現在募集を締め切っております。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日