粉末冶金技術の基礎と工業製品への応用

~ 金属粉末に関する基礎知識、粉末の圧縮成形とその特殊性、焼結機構、粉末冶金技術による工業製品と機能性製品、これからの生産技術としての粉末冶金 ~

・金属粉末の特徴的な組織や特性を有効利用し、従来の鋳造や塑性加工では製造困難であった製品づくりに活かすための講座

・粉末冶金技術を理解することにより生産技術を改善し、工業製品の性能向上を図るための特別セミナー!

講師の言葉

 粉末冶金技術は、従来の鋳造や塑性加工では製造困難であった製品を作ることが可能です。そして、その金属粉末の特徴的な組織や特性を利用すれば、新しい高機能・高付加価値のある新製品を開発することも可能です。
 本講では、粉末冶金に関する基礎知識を習得し、工業製品への応用技術を理解することによって、新しい「ものづくり」への挑戦を試みていただきたい。

セミナー詳細

開催日時
  • 2019年02月07日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・メーカー企業で設計・開発・生産技術・品質管理を担当されている方
・新製品開発技術を担当されている方
・製品トラブルの解決策を模索している方
予備知識 ・金属材料の基礎知識
修得知識 ・粉末冶金の基礎である金属粉末の特性とその成形技術の知識を習得することによって、粉末冶金の工業製品の優位性が理解でき、新製品開発や製品性能の改良の手がかりとなります
プログラム

1.はじめに:粉末治金の基礎
  (1).粉末冶金の定義
  (2).粉末冶金の特徴
  (3).粉末冶金の現状と将来

2.粉末の製造技術と粒子特性
  (1).機械的粉砕法とその粒子特性
    a.スタンプミル法
    b.ボールミル法
    c.メカニカルアロイング法
    d.その他の機械的粉砕法
  (2).溶融粉化法とその粒子特性
    a.ガスアトマイズ法
    b.水アトマイズ法
    c.回転電極法
    d.急冷凝固法
    e.その他の溶湯粉化法
  (3).物理・化学的粉末製造法とその粒子特性
    a.電解法
    b.ガス還元法
    c.熱分解法、カルボニル法
    d.その他の物理・化学的粉末製造法
  (4).粉末粒子の特性評価

3.粉末の圧縮成形
  (1).粉末の混合と型への充填
    a.混合と偏析
    b.混合機の種類と混合機構
    c.粉末原料の充填 
  (2).圧縮成形の概念
    a.圧縮成形における粒子変形
    b.潤滑剤・離型剤とその役割法
    c.圧縮成形法の種類
  (3).圧縮成形特性
    a.圧縮変形特性とその評価法
    b.圧縮成形の数値解析
  (4).圧縮成形技術
    a.機械プレスと油圧プレス
    b.プレス成形作業その留意事項
    c.プレス成形の補助作業
  (5).粉末射出成形
    a.粉末射出成形の概念
    b.粉末射出成形の作業工程
    c.粉末射出成形の利点と欠点
  (6).塑性加工による粉末成形
    a.粉末型鍛造
    b.粉末圧延
    c.粉末押出し

4.焼結
  (1).焼結の概念
  (2).焼結機構
    a.焼結における拡散と空洞形成
    b.固相焼結と液相焼結
    c.反応焼結・燃焼焼結
  (3).焼結設備
  (4).特殊な焼結技術
    a.通電焼結法
    b.電磁波焼結法
    c.レーザ焼結法
  (5).焼結体の特性評価
    a.物理的特性の評価
    b.機械的特性の評価

5.鉄鋼材料への応用
  (1).焼結機械部品の製造
    a.製品設計と金型設計
    b.鉄鋼焼結部品の機械的特性
    c.ステンレス鋼焼結部品の機械的特性
  (2).自動車部品の製造
    a.エンジン部品
    b.変速機部品
    c.排気系部品
    d.センサ部品
  (3).工具材料の製造
    a.切削・研削工具
    b.耐摩耗性工具
  (4).磁性材料の製造
    a.軟磁性材料
    b.永久磁石

6.非鉄金属材料への応用
  (1).軸受合金の製造
    a.青銅・黄銅軸受
    b.含油軸受 
    c.多孔質合金・超軽量合金
  (2).電気・電子部品の製造
    a.電気接点材料
    b.集電材料
    c.焼結コンデンサ
  (3).高融点金属部品の製造
    a.照明用線・電極線
    b.耐熱部品

7.非金属材料への応用
  (1).高硬度工具部品の製造
    a.サーメット
    b.セラミックス超硬合金
    c.ダイヤモンド工具
  (2).セラミックス製品の製造
    a.絶縁材料
    b.セラミックス碍子

8.粉末冶金技術を応用した特殊材料・機能性材料
  (1).原子炉材料
    a.核燃料棒
    b.減速材・遮蔽材
  (2).金属系複合材料
    a.粒子分散強化材料
    b.繊維強化材料
  (3).傾斜機能材料
    a.傾斜機能の意義
    b.積層材料
  (4).熱電変換材料
    a.熱電変換の原理
    b.太陽電池と熱電変換システム

9.おわりに
  (1).新しい粉末冶金技術
  (2).金属粉末の3Dプリンターへの応用
  (3).粉末冶金技術の発展性と今後の展望

キーワード 金属粉末 固化成形 焼結 機械部品 工具材料 耐熱材料 軸受 電気電子材料 特殊材料
タグ 金型金属加工金属材料成形加工粉体・微粒子粉末治金軸受け
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日