金属とプラスチックの異種材接合技術とその応用

~ PMS処理による金属とプラスチックの直接接合、材料を選ばない異材樹脂接合技術、金属密着の成功ポイント、真空紫外光を用いた樹脂成形品の接合技術 ~

・部品のモジュール化や高機能化により一段と需要が増している異種材接合技術を学び、製品開発へ応用するための講座
・大きな軽量化が実現できることで関心が高まっている金属とプラスチックの接合技術を先取りし、負荷価値の高い製品開発へ応用しよう! 

講師の言葉

第1部
 携帯端末や自動車などあらゆる分野で軽量化が求められてきています。軽量化の手法としては部品点数の削減などがありますが、機能の拡充が図られる中、部品点数の削減は難しく素材そのものへの軽量化が潮流となっています。金属とプラスチックの複合化による軽量化もその一つで必要な箇所をプラスチックに置き換えることで大きな軽量化を実現できます。金属とプラスチックの一体化による複合材料の形成は多くの分野で関心を集めていることから様々な技術開発が行われています。本講演では当社が開発した金属の表面に隆起微細構造を形成してプラスチックとの接合に用いるという世界でも類を見ない技術の紹介を行います。

第2部
 近年、自動車分野や電気・電子分野では部品のモジュール化や高機能化により、異材樹脂もしくは樹脂/金属の接合要求が増えています。従来は、溶着や接着等の工法が使用されてきましたが、溶着では同材同士に限定されることや、接着では相性や接合強度の低さ等の制約がありました。弊社では、これらを解決すべく新しい異材接合技術の開発に取り組んでいます。
 本講義では、下記のような弊社の最近の異材接合技術をご紹介致します。
 1.弊社独自に開発した技術「AKI-LockR」。AKI-LockRは、1次成形品内のガラス繊維を物理アンカーとして利用した新しい異材接合技術です。相手材の選定には制約が少なく、同材・異材ともに強固な接合が可能となります。
 2.樹脂/金属密着技術は、近年非常に注目されている技術です。本講義では、インサート成形における金属/樹脂接合の注意点について、弊社内検討結果と知見を紹介します。
 3.近年、真空紫外光(VUV)を用いて非晶性樹脂成形品表面を活性化処理し直接接合する技術が開発されています。弊社では、VUV処理による結晶性樹脂の直接接合や、VUV処理とレーザー溶着を組み合わせた異材樹脂接合を開発しており、これらの結果を紹介します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2018年10月04日(木) 10:30 ~ 17:00
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・金属や樹脂を活用した製品開発および製造技術に携わる方
・樹脂の接合(主に異材接合)でお困りの設計・開発者、モルダーなど
・自動車、携帯端末、電気製品、精密機器ほか関連企業の方
予備知識 ・プラスチック(主にエンジニアリングプラスチック)の基礎知識
・プラスチックの成形・二次加工の基礎知識
修得知識 ・金属とプラスチックの接合技術
・樹脂の接合における一般的な考え方
・新規接合技術など、各種接合方法
プログラム

第1部 PMS処理で実現するポジティブアンカー効果による金属とプラスチックの直接接合技術

1.金属とプラスチックの直接接合概要
  (1).直接接合の概要
  (2).直接接合の為の様々な金属表面処理

2.PMS処理とポジティブアンカー効果

  (1).PMS処理とは
  (2).レーザクラッディング
  (3).金属とプラスチックの直接接合の方法
  (4).ポジティブアンカー効果とは

3.PMS処理による金属表面微細構造形成
  (1).PMS処理層の構造
  (2).各種材料へのPMS処理
  (3).PMS処理のメカニズム

4.PMS処理による金属とプラスチックの直接接合
  (1).金属-プラスチックの材料接合方法
  (2).各種プラスチックとの接合

5.接合品質
  (1).PMS処理品質
  (2).接合品質
  (3).品質管理手法

6.まとめ

第2部 エンジニアリングプラスチックにおける異材接合技術

1.エンプラに求められる接合技術
  (1).従来の接合技術
  (2).各種接合方法の位置付け
  (3).当社開発技術

2.材料を選ばない異材樹脂接合技術「AKI-LockR」

  (1).技術概要
    a.AKI-Lock®とは
    b.AKI-Lock®の接合工程
  (2).技術詳細
    a.異種樹脂材料における接合強度
    b.従来の接合技術との比較
    c.耐久性
    d.気密性、耐水圧性
    e.PPS樹脂における特殊挙動(非結晶化)
  (3).応用技術
    a.超音波溶着の前処理
    b.接着の前処理

3.金属密着技術
  (1).技術概要
  (2).金属密着の成功ポイント
    a.金属表面処理
    b.樹脂材料
    c.金型設計
    d.射出成形
  (3).各種データ
    a.接合強度データ
    b.気密性データ

4.真空紫外光を用いた樹脂成形品の接合技術

  (1).技術概要
  (2).実験結果
    a.結晶性樹脂の直接接合
    b.VUV処理とレーザー溶着の組み合わせによる異材樹脂接合
  (3).推定メカニズムと今後の展望

5.まとめ

キーワード 直接接合 レーザクラッディング ポジティブアンカー効果 PMS処理 接合強度 超音波溶着 真空紫外光
タグ プラスチック異種金属金属材料表面処理・めっき複合素材溶接・接合
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日