ウェブ巻き取りのテンション制御技術とトラブル対策

〜 トルクとテンションの関係、トルク制御と速度制御、アクチュエータの容量選定、トラブル対策 〜

・紙、フィルム、ウエブ加工に不可欠なテンション制御とトラブル対策について解説する講座

 

・ウェブ加工で必須の、使用条件に応じたテンション制御方法や機械の種類と選定などを第一線の方から学べる特別セミナー!

講師の言葉

各種ウェブ(長尺材)の加工にはテンション制御が欠かせない技術です。テンション制御の技術は紙やフィルムなどの身近な製品に生かされていますが、その製造技術は一般的ではなく、使用条件に応じた制御方法や機械の種類と容量の選定が必要です。
本講座では、テンション制御の基礎となる、制御の方法や種類、装置を動かすためのアクチュエータの種類や選定を解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2018年05月22日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・紙、フィルム、ウェブを扱う担当者の方 ・搬送、巻取り装置に関連する技術者の方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・搬送、巻取り装置の基礎 ・巻出し、巻取り用アクチュエータ選定の基礎 ・巻取りのトラブル対策の着目点
プログラム

1.身の回りの現象とテンション制御
(1).引っ張る力と引っ張られる力
(2).トルクとは
(3).トルクとテンションの関係
(4).イナーシャとトルク
(5).回転体の物理学
(6).テンション制御導入による効果
a.巻取り姿の改善
b.加工品質の向上(しわ、たるみ防止)

 

 

 

2.テンション制御方式とその特徴
(1).トルク制御と速度制御
(2).トルク制御の特徴
(3).速度制御の特徴

 

 

 

3.テンションの検出
(1).テンション検出機構
(2).テンション検出器の種類と特徴
(3).テンション検出器にかかる力と選定
(4).テンション検出器の取り付け時の注意点

 

 

 

4.テンション制御用アクチュエータ
(1).アクチュエータの種類と特徴
(2).各種アクチュエータ比較

 

 

 

5.アクチュエータの容量選定
(1).パウダクラッチ・パウダブレーキ
(2).ベクトルインバータ
(3).サーボモータ

 

 

 

6.テンション制御システムの基礎
(1).各部の役割
(2).主軸の設定
(3).中間軸制御時のアクチュエータのトルク

 

 

 

7.テンション制御のトラブル対策
(1).ライン速度が遅い場合の巻出し
(2).巻取ウェブの巻締り解消方法

キーワード テンション制御 トルク制御 速度制御 アクチュエータ ライン速度 巻締り
タグ 紙送り機構工作機制御
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日