シランカップリング剤の効果的な選択・使用法と絶縁材への応用

〜 シランカップリング剤のはたらき、処理条件と機械的・電気的強度、加水分解反応機構、縮合反応、高分子電気絶縁材料への応用技術 〜

・フィラーを樹脂に充填した複合体において重要な役割を果たすシランカップリング剤の効果的な使用法を解説する講座

・シランカップリング剤を効果的に活用し、新材料開発や接着・密着性の改良、表面改質などに応用しよう! 

講師の言葉

 フィラーを樹脂に充填した複合体において重要な役割を果たすシランカップリング剤の種類、使い方、反応性などについて説明するとともに、電気絶縁材料として用いられる複合体においてシランカップリング剤によるフィラー/樹脂界面の接着性改善が電気的・機械的特性に及ぼす効果について解説する。講演ではガラス・ファイバー、ガラス粒子、金属水和物系難燃剤などのフィラーの充填による電気絶縁特性への影響とその材料の利用のされ方について例をあげながら紹介するとともに、フィラーそのものよりも大きな影響を及ぼすことのあるフィラー/樹脂界面の状態の及ぼす効果についても紹介する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2018年04月09日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 化学・環境・異物対策
受講対象者 ・複合材料や電子材料、表面処理ほか関連企業の方 ・電気絶縁用途を想定した高分子複合体の開発を行っている素材メーカーの技術者の方
予備知識 ・大学での教養、基礎教育レベルの物理、化学
修得知識 ・シランカップリング剤の基礎 ・シランカップリング剤の選択方法 ・高分子絶縁材料への応用
プログラム

第一部 シランカップリング剤の反応機構と効果的な選択・使用法


1.シランカップリング剤とは?
  (1).シランカップリング剤の種類と主な用途
  (2).シランカップリング剤のはたらき

 

2.シランカップリング剤の選択方法と使い方とは?
  (1).無機質表面への効果とは?
  (2).有機樹脂への効果とは?
  (3).有機樹脂への添加(インテグラルブレンド)とは?
  (4).処理条件と機械的・電気的強度

 

3.加水分解反応
  (1).加水分解反応機構
  (2).加水分解反応と構造の関係
  (3).加水分解反応と外的要因
  (4).加水分解反応の速度とコントロール

 

4.縮合反応
  (1).基材との反応 〜シランカップリング剤と無機表面との反応機構〜
  (2).基材表面でのシランカップリング剤の縮合反応
  (3).縮合反応とシランカップリング剤層の構造
  (4).シランカップリング剤の構造の影響
  (5).縮合反応に影響する要因
  (6).縮合反応のコントロール

 

5.耐熱性カップリング剤の試み
  (1).芳香族鎖を持つシランカップリング剤
  (2).シリコーン鎖

 

第二部 高分子電気絶縁材料への応用

 

1.電気絶縁について
  (1).気体の絶縁破壊理論は固体を考える時にも大切
  (2).液体・固体中への電荷の供給
  (3).電気機器で界面の弱点を嫌う理由

 

2.高分子絶縁材料の短時間破壊のメカニズム
  (1).高分子の絶縁破壊
  (2).電子的破壊
  (3).熱破壊
  (4).機械的破壊

 

3.高分子絶縁材料の長時間破壊に対するフィラーとシランカップリング剤の効果
  (1).高分子材料の劣化現象
  (2).部分放電
  (3).トリー
  (4).フィラーの効果
  (5).フィラー/高分子界面の影響

キーワード シランカップリング剤 有機樹脂 加水分解反応機構 縮合反応 絶縁破壊 フィラー
タグ 高分子材料樹脂・フィルム複合素材絶縁
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日