ワイヤハーネスのワイヤレス化技術と電波伝搬特性およびその応用

〜 ワイヤーハーネスワイヤレス化によるメリット、利用可能なワイヤレス方式、導波管による無線システム技術と応用 〜

・ケーブルをなくすことで多くの課題を解決する最新技術を解説する講座

・信号ケーブル削減による重量・体積の軽減、工数削減および構体内レイアウト自由度拡大などのメリットをもたらすワイヤレス技術を修得し、製品開発に活かそう! 

・ワイヤーハーネスのワイヤレス化のための電波伝搬特性や導波管による非放射系で構築する新しい無線システムについても詳解します

講師の言葉

<第一部>

 自動車、航空機、宇宙機やICT機器などの複雑化は、ワイヤハーネス(配線)やコネクタの増加をもたらし、重量・体積および設計・製造・検査工数の増加や接触不良などの電気的トラブルなどを招いている。信号ケーブル削減による重量・体積の軽減、工数削減および構体内レイアウト自由度拡大や摺動部や可動部における信号伝達の高信頼化へ向けて、機器間接続のワイヤレス化が期待されている。

 本セミナーでは、国内外におけるワイヤハーネスの技術動向、ワイヤレスハーネスを確立するためのワイヤレス技術およびその課題を紹介する。さらに講師等が、これまでワイヤハーネスのワイヤレス化を目指して行ってきた電波伝搬特性の研究および成果にも触れる。

<第二部>

 有線の無線化に向けて様々な技術が検討され、実用化されようとしています。古典的な無線伝送路である導波管にスポットを当て、非放射系で構築する新しい無線システムについて述べます。これまで導波管は重い金属管でしたが、技術革新され電波ホースと呼ばれる散水ホースのように柔軟で軽量なものや、直流電力を伝送可能なものが開発されています。すなわち、電力も通信も導波管で伝送でき、数千本にもなる複雑なハーネスシステムが導波管1本に置き換わることも可能となってきました。本講義では導波管革新による無線システムを中心に基礎技術から最新動向まで幅広く紹介することで、将来展望をお伝えします。無線が専門でない方や非技術系の方でも理解できる内容です。

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年09月19日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・自動車メーカ、宇宙、航空機、ICT機器、IoT機器ほか関連企業の方 ・配線やコネクタのワイヤレス化に関心のある方
予備知識 ・特に必要ありませんが、無線の基礎知識があると分かりやすいです
修得知識 ・ワイヤハーネスのワイヤレス化を確立するための技術 ・ワイヤレス化のための電波伝搬特性 ・国内外におけるワイヤハーネスの技術動向
プログラム

第一部 ワイヤハーネスのワイヤレス化技術と電波伝搬特性


1.ワイヤハーネスとIoT(Internet of Things)の技術動向
  (1). ワイヤハーネス実例
    a.自動車
    b.航空機
    c.ロケット・人工衛星・宇宙探査機(例:SpaceWire)
    d.ICT(information and communication technology)機器
  (2). ワイヤハーネスの問題点
  (3). IoTの技術動向

2. ワイヤハーネスのワイヤレス化によるメリット
  (1). 重量・体積の軽減
  (2). 設計・製造・検査の工数削減
  (3). サブシステムレイアウトの自由度向上
  (4). 設計変更にともなう工数削減
  (5). 可動部・摺動部における信頼性向上
  (6). ワイヤハーネスへの冗長性追加

3. ワイヤハーネスワイヤレス化の動向
  (1). WAIC (Wireless Avionics Intra-Communications)
  (2). エアバス社(航空機,人工衛星)
  (3). その他

4. ワイヤハーネスのワイヤレス化における課題
  (1). EMC(electromagnetic compatibility; 電磁環境両立性)
  (2). 消費電力
  (3). データレート
  (4). QoS(接続品質、伝送品質)
  (5). アンテナ
  (6). 電波伝搬

5. ワイヤハーネスワイヤレス化に利用可能なワイヤレス方式
  (1). WLAN(wireless local area networks, IEEE 802.11)
  (2). Bluetooth(IEEE 802.15.1)
  (3). Zigbee(IEEE 802.15.4)
  (4). RuBee(IEEE 1902.1)
  (5). UWB(ultra wideband、 超広帯域)
  (6). 特定小電力
  (7).NFC(near field communication)

6. 様々な環境におけるマイクロ波帯広帯域電波伝搬の実測
  (1). 自動車
  (2). 小型科学衛星
  (3). 小型航空機
  (4). 自動券売機

7. 様々な環境におけるマイクロ波帯広帯域電波伝搬特性
  (1). 遅延波特性
  (2). 体積依存性
  (3). 周波数帯域幅依存性
  (4). 偏波特性
  (5). 開口部面積依存性

8. まとめと今後の課題

第二部 導波管革新によるハーネスレス化技術と応用


1.ハーネスレス技術の動向
  (1).車載ワイヤーハーネスの課題
    a.重量と燃費への影響
    b.組み立て工数の増加
    c.ノイズによる通信品質低下
    d.EMC、ジャミングの問題
  (2).電波伝搬
    a.伝搬理論の基礎(フリスの法則)  
    b.アンテナの基礎
    c.様々なアンテナシステム(フェーズドアレイ, Massive MIMO)
  (3).注目されるマイクロ波送電
    a.送電原理の基礎と構成部品(送受電回路)
    b.実用化最前線, 国際会議(IMS, WPTC), 規格動向(ITU)

2.非放射無線技術と応用
  (1).非放射方式による課題解決
  (2).高周波伝送線路
    a.同軸ケーブル・漏えい同軸
    b.光ファイバーケーブル
  (3).非放射系コンポーネント
    a.キャビティ・空洞共振器
    b.導波管
  (4).導波管理論の基礎

3.導波管革新技術
  (1).導波管の利点と課題
  (2).最新の導波管技術(学会動向を踏まえて)
    a.3Dプリンタ(導波管および周辺回路)
    b.電波ホース・樹脂導波管
    c.直流導波管
  (3).電波ホース性能向上の取り組み
    a.樹脂材料・加工法
    b.成膜法
    c.導波管変換コネクタと漏えい低減
    d.評価結果と課題
  (4).導波管革新の展望

4.導波管による通信・電力伝送
  (1).システム構成・構成部品
  (2).システム評価
    a.通信方式(QAM)・伝送
    b.マイクロ波電力伝送
    c.直流電力伝送

5.まとめ・展望

キーワード ワイヤハーネス QoS アンテナ 電波伝搬 WLAN  Bluetooth  Zigbee  RuBee  UWB 特定小電力 NFC 導波管 電波ホース
タグ アンテナ信号処理通信無線ネットワーク自動車・輸送機車載機器・部品電源・インバータ・コンバータ電磁波
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日