基礎から学ぶ「絞り加工」とサーボプレス技術の応用

〜 絞り加工のイメージ化、金型設計のポイント、プレス機械の選択、材料特性を活かしたサーボプレス技術 〜

・絞り加工を理論的に学び、無駄のない効率的な成形ができ、トラブルにも対応できるようになる講座

・絞り加工の基礎と被加工材に材料特性・絞り加工を考慮したプレス機械の選択等を適切に行うことで、高精度・高品位な加工に活かそう!

・基礎的な理論から実際の絞り加工・サーボプレスの特徴までを、わかりやすく解説しますので、初心者はもちろんベテランの方もぜひご参加ください

講師の言葉

 絞り加工では勘とコツ、あるいは経験やノウハウが重要視されています。しかし、その勘とかコツ、ノウハウのほとんどのものは絞り加工の基礎的な理論によって十分説明可能と言えます。逆に言えば、絞り加工を理論的に勉強することによって、無駄のない効率的な成形手法が実践できるようになり、結果的にコストダウンも図れるようになります。また、トラブルが発生した時にも十分対応ができるようにもなります。本セミナーでは、絞り加工の理論を基礎からわかりやすく解説します。
 また、サーボプレスの登場で、今まで以上に材料特性を理解する必要があります。
 これらの「絞り加工」の工程のイメージ化するのに効果的な事例を踏まえて、初心者の方にも、あまり数式を利用しない方法で解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年07月07日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・機械加工、プレス、金属加工、板加工分野の方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・絞り加工の基本を理論的に理解できるようになる ・理論的に理解することによって、不良発生の原因究明とその対策法も考えられるようになる ・絞り加工を考慮したプレス機械の選択の知識が習得できる ・新たなサーボプレスへの対応する現場発の基盤技術のポイントが習得できる
プログラム

1.絞り加工の基礎
  (1).絞り加工とは
  (2).絞り加工と張出し加工
  (3).金型の構成
  (4).耳の発生と材料の異方性
  (5).しごき加工とその活用

2.絞り加工の実際
  (1).ブランク形状・寸法の決め方(円筒、角筒絞り)
  (2).材料の流れをイメージする
  (3).絞り金型設計のポイント
  (4).プレス機械の特徴と選定方法(絞り力としわ抑え力の計算法)
  (5).絞り材料の選び方(n値とr値、成形性試験法)

3.プレス機械の選び方・使い方
  (1). プレス機械の3要素
  (2).絞り加工に強く影響する仕事能力の確認
  (3).金型重量とカウンターバランス

4.材料特性とサーボプレス
  (1).加工速度や加工温度と成形性
  (2).サーボプレスの特徴
  (3).材料特性を活かしたサーボプレスプログラム

キーワード 絞り加工 しごき加工 絞り金型 プレス機械 サーボプレス
タグ プレス金型金属加工
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日