ダイカスト欠陥・不良の最新防止対策と高品質・長寿命化技術

〜 ダイカストの欠陥、新工法、高品質・長寿命化のための工程別対策技術 〜

・一段と機能要求レベルが高く、品質の高度安定化が要求されるダイカストの最新欠陥対策技術を修得するための講座

・代表的なダイカストの欠陥・不良の発生機構を学び、効果的な対策に活かそう! 

・鋳造から金型全般の幅広く豊富な内容が修得できます

講師の言葉

 ダイカストは製品寸法、表面精度に優れていると供に、生産性が非常に高いため、二輪4輪車部品や電機製品などに広く使用されている。近年はさらに、強度や気密性などの機能要求レベルが高く、品質についても高度安定化を要求されてきている。
 今回は、ダイカストにおける代表的な欠陥およびその発生機構を説明し、それらの欠陥を抑制・防止するための最新技術をダイカストの鋳造技術と金型製作工程との両面から、欠陥対策の考え方、対策案、対策事例などを具体的に紹介する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年05月25日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・ダイカストメーカーの鋳造技術者、開発者、品質管理、営業などの方 ・ダイカストのユーザー企業の方(機械、自動車、輸送機器、家電、各種OA機器などの設計開発、品質保証、生産技術、製造などに関わる方)
予備知識 ・特に必要ありませんが、ダイカストと言う工法を知っている人
修得知識 ・ダイカストの欠陥・不良とその発生機構 ・ダイカストの新工法および金型製作での対策の最新技術を習得できる
プログラム

1.ダイカスト欠陥を防止する最新鋳造技術
  (1).ダイカストの特徴と他の鋳造法との違い
  (2).ダイカストの欠陥
    a.焼付き傷
    b.ヒートクラック傷
    c.メクレ(ハクリ)
    d.鋳巣(ひけ巣、巻込み巣)
    e.湯回り欠陥
  (3).ダイカストの新工法
    a.高真空ダイカスト
    b.PFダイカスト
    c.層流(低速)充填ダイカスト  
    d.部分加圧ダイカスト
    e.セミソリッドダイカスト
    f.超高速(短時間充填)ダイカスト
  (4).ダイカストの形状に対する新たな要求
    a.アンダーカット成型技術
    b.センターゲートダイカスト
    c.薄肉ダイカスト
    d.大型一体ダイカスト

2.ダイカスト金型による高品質・長寿命化技術
  (1).ダイカストの品質不良と金型寿命
      ・ダイカスト金型の機能
  (2).ダイカスト金型の工程別対策技術
    a.設計
    b.金型材料
    c.金型加工
    d.熱処理・表面処理
    e.鋳造条件
    f.金型メンテナンス・補修

キーワード ダイカスト欠陥 焼付き ヒートラック メクレ 鋳巣 湯回り アンダーカット 
タグ 金型金属金属加工金属材料鋳造表面処理・めっき
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日