レーザ溶接・接合技術の基礎と異種材接合へのポイントと応用・例

〜 樹脂溶着技術のメカニズムと適用例、各種異種材溶接技術、樹脂と金属、CFRPと金属の接合技術とそのポイント 〜

・製品の軽量化、コストダウン、品質の向上実現に不可欠なレーザ溶接・接合技術を応用するための講座

・樹脂と金属、CFRPと金属の異種材料への適用が可能になったレーザ溶着技術を修得し、高機能な製品開発に応用しよう!

講師の言葉

 最近のレーザ装置の進化には著しいものがある。レーザ発振器につきものであった発振器を稼働させるための苦労は、最新の半導体レーザ、ファイバーレーザでは不要のものとなり、メンテナンスフリーで量産稼働させることができるようになった。また、樹脂溶着に必要なレーザ出力は数十〜数百Wであり、手頃な価格で入手できることも魅力のひとつである。

レーザ加工は自動車はもちろんのこと橋梁、造船〜エレクトロニクス、太陽電池にいたるあらゆる産業分野で製品の生産に適用される時代となってきている。

 そのなかで、レーザ樹脂溶着技術は製品の軽量化、コストダウン、品質の向上を実現することが可能な製品・生産の革新に欠かせないツールとなってきている。

 樹脂と金属、CFRPと金属の異種材料のレーザ溶着技術が開発され、適用が可能になってきており、レーザ樹脂溶着技術の適用もさらに拡大していくことが予想されている。

 レーザ樹脂溶着技術は非接触・直接加工なので消耗品が不要で加工安定性が高いといった様々なメリットがある加工法です。

 本講座ではレーザの基礎から各種発振器の構造と特徴〜レーザ樹脂溶着プロセス〜異種材のレーザ溶着技術と、その特徴を生かした各分野での製品への適用例について自動車への適用例を中心に学んでいただくことができます。

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年04月03日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・レーザ加工技術に興味をお持ちの方、製品への適用をお考えの方 ・異種材料の接合・接着技術の開発、設計、製造部門の方 ・樹脂の2次加工(接合)を行っている方 ・レーザによる樹脂溶着、異種材(樹脂およびCFRPと金属)接合関連部門
予備知識 ・特に必要としません、基礎からわかりやすく解説します
修得知識 ・レーザ発振器に関する知識・最新の情報 ・レーザ溶着・溶接技術に関する知識・情報と適用例 ・異種材料のレーザ溶着技術に関する知識・最新の情報と適用例
プログラム

1.レーザ発振器について

 (1).レーザ発振の原理

    ・レーザ発振器の進化

 (2).レーザ樹脂溶着に使用可能な各種レーザ発振器

 (3).加工システムについて

    ・製品に対応したレーザ走査方法と加工システム

2.レーザ樹脂溶着技術 と適用への留意点

 (1).樹脂溶着のメカニズムとポイント

 (2).樹脂溶着用途材料について

    ・レーザ溶着用樹脂材料    

(3).適用(加工)事例

3.レーザ樹脂溶着技術の適用例

 (1).適用のポイントについて

    ・レーザ樹脂溶着の特徴と製品への活かし方

 (2).自動車部品への適用例

 (3).その他の適用例

     ・医療用他

4.異種材のレーザ接合・溶着技術とポイント

 (1).各種異材溶接技術

 (2).樹脂と金属のレーザ溶着技術  

(3).CFRPの開発動向と金属とのレーザ溶着技術

(4).適用事例とポイント

5.まとめと質疑応答

キーワード レーザ樹脂溶着 レーザ発信器 レーザ加工システム 異種材溶接 レーザ接合 
タグ レーザレーザ加工金属材料接着・溶着溶接・接合
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日