ダイカスト製品の品質安定化と金型の長寿命化技術

〜 現場技術とトラブル事例、金型材料、工具鋼の特性、安定化のための熱処理・表面処理、放電加工・溶接技術 〜

・ダイカスト鋳造にかかわる品質安定化、生産性向上技術が修得できる講座

・金型における材料の諸特性、表面処理や加工における現場技術やトラブル対策を学び、高品質な製品開発に活かそう!

講師の言葉

 ダイカスト製品の品質安定化及び金型の寿命向上技術は、関連企業に携わる技術者にとって避けて通れない重要な問題である。
 より高い技術の取得には、金型にかかわる現象の理解が不可欠である。また事例知識の修得は、今後の製品安定化にとって重要である。
 本講座では、金型材料の基礎および、プラスチック、プレス、熱間用の各金型材料の特性、安定化のための熱処理、表面処理、放電加工および溶接の各特性について、現場技術やトラブル事例を含めて解説する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年01月20日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・ダイカスト金型関係の設計、生産技術、保守、材料に携わる技術者の方 ・鋳造技術者、メンテナンス業務の技術者
予備知識 ・工具鋼技術、金属加工技術、熱処理・表面処理技術
修得知識 ・ダイカスト鋳造にかかわる品質安定化の技術や現場技術が習得できる
プログラム

1.金型材料の概要
  (1).工具鋼の製造方法と材料の諸特性

2.各種金型材料(工具鋼)の諸特性
  (1).プラスチック成形用金型材料の諸特性
  (2).冷間用工具鋼の鋼種と諸特性

3.熱間用金型および工具鋼の特性
  (1).ダイカスト鋳造の概要と欠陥発生要因
  (2).熱間用工具鋼の諸特性と適用技術
  (3).ダイカスト用金型、鍛造用金型(工具鋼)の寿命要因、評価法および向上技術
  (4).欠陥発生事例およびその対策

4.工具鋼の熱処理・表面処理とトラブル対策
  (1).工具鋼の熱処理技術の概要
  (2).熱処理で発生する問題点と対策
  (3).表面処理および表面改質による向上策
  (4).各種の表面処理方法と金型への適用技術

5.工具鋼における放電加工・溶接に関わる問題点と対策
  (1).工具鋼の形彫り・ワイヤ放電加工面の現象解析
  (2).放電加工面の改質、改善処理
  (3).溶接加工の概要
  (4).溶接時に発生する欠陥、検査方法
  (5).工具鋼の溶接加工と安定化の対策

キーワード 金型 ダイカスト 鍛造 工具鋼 型技術 熱処理 表面処理 放電加工 溶接加工
タグ 金型金属加工成形加工鋳造表面処理・めっき
受講料 一般 (1名):48,600円(税込)
同時複数申込の場合(1名):43,200円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日