Bluetooth Low Energy技術とIoTシステムへの応用 〜デモ付〜

〜 Bluetooth Low Energy通信のしくみ、性能、機能、使用方法、セキュリティ、工場、車、家庭、農業への応用 〜

Bluetooth Low Energy技術について正しく理解し、IoTシステムに有効に応用する方法を解説する講座

低消費電力の特徴を活かし、IoT関連機器への搭載が拡がっているBluetooth Low Energyを修得し、製品開発へ応用しよう!

講師の言葉

 Bluetoothで省電力に特化した技術を取り込んだ規格が採択されてから5年程経過した。この通信方式は、はじめにスマートホンと連携するバイタル端末に活用されてから、いろいろな分野で使われるためにさまざまなプロファイルが準備されてきた。それと並行して時代は色々な情報を集約、解析、共有するInternet of Thingsに向けて流れ始めた。これらを背景にBluetooth Low Energyの規格もバージョンアップされている。
 このセミナーでは、Bluetooth Low Energyの技術について正しく理解して頂き、この通信技術の特徴をIoTシステムに有効に応用する方法を紹介する。

セミナー詳細

開催日時
  • 2017年01月31日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・IoT関連機器開発関連の方 ・IoTサービスインテグレーター関連の方 ・Bluetooth Low Energyの活用を考えている方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・Bluetooth Low Energy通信のしくみ、性能、機能、使用方法 ・Bluetooth Low EnergyのIoT分野での可能性
プログラム

1.Bluetooth Low Energy技術
 (1).Bluetooth Low Energyとは
     a.今までのBluetoothとの違い
     b.Bluetooth Low Energyとはどんなものか
 (2).BluetoothR Low Energyのしくみ
     a.Beacon技術
     b.データはどの様に飛んでいるのか
     c.セキュリティについて
     d.新しい規格の変更点

2.IoTシステムへの応用
 (1).IoTシステム
     a.IoTシステムとは?
     b.IoTのエッジノードではどんな技術が使われるのか
     c.BluetoothR Low Energyはどの様に使われるのか
 (2).IoTシステムのBluetooth応用例 (センサーエッジノードデモあり)
     a.工場のIoT化での応用
     b.農業のIoT化での応用
     c.家庭のIoT化での応用
     d.クルマのIoT化での応用

キーワード Bluetooth Low Energy Beacon IoTシステム エッジノード プロファイル
タグ 通信シリアルインターフェーススマートフォンソフト管理ネットワークモバイルコンピューティングITサービス電子機器
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日