難削材加工の基礎と最適な特殊加工法および加工問題への対応策

〜 機械加工・特殊加工法の基礎、チタン合金・ステンレス合金・複合材料の加工法、加工のヒント 〜

・特化される傾向にある難加工品や難削材加工のポイントを修得する講座

・難削材や特殊材、特殊加工品への対応技術を学び、付加価値のある製品開発へ応用しよう!

講師の言葉

 今日、一般的・基礎的な加工技術の多くは、コストの安い海外に移転され、国内に残る製造業の分野は、特殊な付加価値のある製品や、難しい加工法に特化される傾向にある。この結果として、国内には特殊材料や難削材料、特殊加工法の比率が高くなり、いきなり難しいことから挑戦しなければならないケースが多く、加工に頭を悩ます技術者が多いことと思う。しかし、難削材料は加工技術の基本をしっかり理解していれば、その応用から、何らかの正しい対策が打てるものである。 
 本講座では、機械加工を中心とした基本をまず整理復習して、難削材がなぜ加工が難しいかを考え、その上で総合的な対策を紐解いていくものである。
 この中で講師の経験から、難削材が多い航空機部品の例とその取り組みをいくつか紹介していく。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年08月18日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・自動車部品、航空機部品、機械部品、構造部品ほか関連企業の加工部門の方 ・難削材の加工で悩んでいる技術者の方 ・チタン合金の加工や高速切削に興味のある方 ・CFRPの加工方法について知りたい方
予備知識 ・特に必要ありません ・機械加工の基本知識を書いた本を読んでおくと理解しやすいです
修得知識 ・難削材料加工のヒントが得られる ・CFRPなど複合材料の知識が身につく
プログラム

1.機械加工の基礎
  (1). 機械加工の分類
  (2). 切削加工の定義、切削抵抗
  (3). 工具(エンドミル、ドリルなど)
  (4). 切り屑の分類
  (5). 工具摩耗と損傷
  (6). 切削油
  (7). 仕上げ面粗度
  (8). 高速切削技術

2.特殊加工法の概要(総括)
  (1). 研削加工
  (2). 放電加工
  (3). 電解加工
  (4). レーザ加工
  (5). 化学加工
  (6). 電鋳加工
  (7). 超音波加工
  (8). ブラスト加工
  (9). ショットピーン加工
 (10). AWJ加工
 (11). 複合加工

3.難削材の加工技術
  (1). 難削材とは
  (2). 難削材の種類
  (3). チタン合金
  (4). ステンレス合金
  (5). その他合金

4.複合材料の加工技術
  (1). 複合材料とその種類
  (2). CFRPの特徴と加工
  (3). CFRPと金属の共孔加工について

5.難削材の加工事例
   ・
航空機部品の例

6.全体まとめ

キーワード 難削材 特殊材料 複合材料 CFRP 特殊加工 切削 研削 放電加工 電解加工 レーザ加工 化学加工 電鋳加工  超音波加工 ブラスト加工 ショットピーン AWJ加工 複合加工 
タグ レーザ加工金属金属加工金属材料切削・研削複合素材工作機
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日