プラスチック成形加工の基礎と加工プロセスおよび不良対策

〜 プラスチックの基礎、動的粘弾性とPVT特性〜射出・押出成形加工法、成形加工不具合と対策のポイント 〜

・高品質な成形品をつくるための講座

・安定した成形条件につながる基礎知識を修得し、変形・強度にすぐれた製品つくりに活かそう!

講師の言葉

 本講座は、プラスチック成形加工とは何かを学びたい方、例えば、プラスチック成形加工業務に携わって間もない方々や具体的な成形加工法・発生する不具合について知識を得たい方を対象に、プラスチック成形加工の基礎的な項目について、わかりやすく詳解します。
 これから詳細にプラスチック成形加工に携わりたい、学びたい方への導入となる位置づけの講座だと思います。
 本講座がそのきっかけになれば幸いです。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年09月15日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・プラスチック成形加工に必要な、基礎知識・事項について学びたい方 ・プラスチック成形加工業務に携わって間もない担当者
予備知識 ・一般的な理科系科目(物理、化学、数学)
修得知識 ・プラスチック成形加工の基礎項目 ・プラスチックの一般的性質、用いる樹脂材料による違いについて ・樹脂特性(粘弾性、流動性、動的粘弾性、PV特性) ・主な不良現象例について
プログラム

1.プラスチックの基礎
  (1).熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂
  (2).結晶性樹脂と非晶性樹脂
  (3).コポリマーとポリマーブレンド

2.プラスチックの性質
  (1).弾性と粘性、粘弾性
  (2).樹脂融液の流動特性
  (3).動的粘弾性とPVT特性

3.プラスチック成形加工の基礎
  (1).プラスチックの流動化
  (2).プラスチックへの形の付与
  (3).製品の固定化

4.具体的な成形加工法
  (1).射出成形
  (2).押出成形
  (3).紡糸・フィルム成形
  (4).ブロー成形

5.成形加工で見られる不具合と対策
  (1).射出成形で見られる不具合
     a.ショートショット
     b.ひけ、そり
     c.フローマークなど
  (2).押出成形で見られる不具合と対策
     a.メルトフラクチャー
     b.多層成形で見られる包み込み現象など
     c.その他の成形で見られる不具合
     d.フィルム成形でみられるネックイン、エッジビード
     e.ブロー成形で見られる偏肉など

6.まとめと質疑応答

キーワード 熱可塑性樹脂 熱硬化性樹脂 プラスチック成形加工 樹脂流動化 動的粘弾  射出成形 押出成形
タグ ポリマープラスチック材料成形加工
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日