車載センサによる車両周辺環境認識技術と自動運転技術への応用 〜デモ付〜

〜 車載センサ、カルマンフィルタ、状態推定アルゴリズム、データアソシエーション、移動物体の運動推定 〜

・自律的自動運転で重要とされる移動物体の抽出、運動推定、軌道予測手法を修得する講座

・センサ誤差統計量、カルマンフィルタを用いた各種状態推定手法を学び、自律的自動運転技術に活用しよう!

講師の言葉

 近年、自動車の自動運転に関する研究が国内外を含め活発に行われるようになってきました。このような自動車の自律的自動運転には、車載センサ(オンボードセンサ)による周辺環境の認識が最も重要となります。そこで本セミナーでは、オンボードセンサによる周辺環境認識に要求される技術のうちで自動車の自律的自動運転に特に重要となる移動物体の抽出とその運動推定・軌道予測手法について解説します。また、メディア等で多数紹介されている金沢大学の自動運転システムの概要について解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2016年03月08日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・自動車の自動運転や移動ロボットの自律化に興味のある技術者の方 ・移動ロボットのセンシングに興味がある方 ・センサを応用したシステムを開発されている方 ・カルマンフィルタに興味のある方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・センサの誤差統計量の表現方法 ・カルマンフィルタを用いた各種状態推定手法 ・自動運転自動車に関する基礎知識
プログラム

1.自動車の運転支援・自動運転に関する研究動向と必要技術
  (1). 研究動向と必要技術
  (2). オンボードセンサの実例
  (3). 自動車における状態推定アルゴリズムの実例

2.カルマンフィルタと状態推定
  (1). 誤差統計量の表現方法
  (2). 最小分散推定とマルチセンサフュージョン
  (3). カルマンフィルタによる状態推定

3.その他の状態推定アルゴリズム
  (1). パーティクルフィルタによる非線形状態推定
  (2). バイナリベイズフィルタによる判定

4.移動物体の追跡と運動推定
  (1). カルマンフィルタとデータアソシエーション
  (2). マルチターゲットトラッキング

5.自動車の自動運転への適応

キーワード 車載センサ 状態推定アルゴリズム カルマンフィルタ パーティクルフィルタ バイナリベイズフィルタ  データアソシエーション 
タグ 信号処理センサ自動車・輸送機車載機器・部品電装品ITS
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日