塗膜・コーティング乾燥プロセスの基礎とシミュレーションによる最適化への応用 〜デモ・個別質問付〜

〜塗膜乾燥における欠陥発生と最適化、スロットダイの高精度化設計、均一な乾燥膜を得るための方法〜

・コーティングと乾燥の両方を最適化し、高品質な製品開発に活かす講座

・理論的なアプローチやシミュレーション技術を通して、難しい塗布乾燥の最適設計を実践しよう!

・本講座で、様々なモデル式を知ることができます

講師の言葉

 コーティングによって最適の製品を得るためには、コーティング(塗布)と乾燥の両方を考慮して最適化する必要がありますが、本講座では塗膜の乾燥について基礎からできるだけ分かりやすく説明いたします。
 またウェットコーティング法で塗布した塗膜から、溶剤を蒸発させて均一な乾燥膜を得るための方法について、乾燥の最適化に主眼を置きながら説明をします。さらに、コーティングについてもスロットコーティングを中心に要点について説明を加えます。
 コーティングと塗膜乾燥のプロセス解析や最適な設計のために、理論的なアプローチ、シミュレーション技術の適用に興味を持つ初級者ないし中級技術者向けの実用的、具体的な内容とするよう意図した講座です。

セミナー詳細

開催日時
  • 2015年04月23日(木) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 加工・接着接合・材料
受講対象者 ・コーティングと塗膜乾燥のプロセス解析や最適な設計のために、理論的なアプローチ、シミュレーション技術の適用に興味を持つ初級者ないし中級技術者 ・フィルム、樹脂、基板、液晶、燃料電池、プラスチック加工関連企業の方
予備知識 ・特にありませんが、コーティングや塗膜乾燥にかかわる業務をしており、具体的に技術的なニーズを持っていることが望ましい
修得知識 ・コーティングや塗膜乾燥に関するシミュレーションの利用について理解が進み、実際の場面に役立てる準備ができる
プログラム

1. 塗膜乾燥の基礎
  (1). 塗膜乾燥の目的
  (2). 塗膜乾燥と塗布の相互作用

2. 乾燥方式とその特徴
  (1). 気流乾燥
  (2). 接触乾燥
  (3). 赤外線乾燥
  (4). 電磁加熱乾燥
  (5). バインダーマイグレーション(参考)

3. 気流乾燥装置の概要
  (1). 気流の吹き付け方法
    a. 風乾(静止ガス中のウェブ走行)
    b. 低い吹き付け気流速度
    c. 高い気流速度(噴流)での乾燥
    d. 熱伝達係数
  (2). ウェブの走行
    a. ロール支持
    b. フローティング

4. 塗膜乾燥プロセス
  (1). 乾燥プロセス概要
    a. 熱伝達の基本メカニズム
    b. 典型的な乾燥プロファイル
  (2). 乾燥システム例

5. 乾燥理論とシミュレーション
  (1). 乾燥の支配要因
    a. 熱移動
       ・ 気体−ウエブ境界面での熱移動
       ・ ウェブ内の熱移動
       ・ 支配方程式
    b. 物質移動
       ・ 気体−ウエブ境界面での物質移動
       ・ ウェブ内の物質移動
       ・ 支配方程式
  (2). 共通的な必要事項
    a. 各種乾燥理論比較
    b. 境膜伝熱係数
    c. 境膜物質移動係数
  (3). 各種乾燥理論とシミュレーション
    a. 各種乾燥理論比較
    b. 2成分系精緻理論
    c. 3成分系簡易理論
    d. 3成分系精緻理論

6. 塗膜乾燥における欠陥発生と最適化
  (1). 乾燥不良
  (2). 発泡
  (3). スキニング

7. 塗膜乾燥シミュレーションのデモ
  (1). 3成分系簡易モデル
  (2). 3成分系精緻モデル

8. 各種コーティング方式の概要
  (1). 自由引き上げコーティング
  (2). 後計量コーティング
    a. ブレードコーティングとナイフコーティング
    b. ロールコーティング
    c. ロールコーティングの計量部
  (3). 前計量コーティング
    a. スロットコーティング
    b. スライドコーティング、カーテンコーティング
  (4). グラビアコーティング
  (5). 各種コーティング法の比較

9. コーティングウィンドウ
  (1). ブレードコーティングのウインドウ
  (2). リバースロールコーティングのウインドウ
  (3). スロットコーティングのウインドウ

10. スロットダイの高精度化設計
  (1). 非ニュートン流体の粘度特性
  (2). 円形キャビティ、指数則流体の場合
  (3). 非円形キャビティ、上限付指数則の場合
  (4). 非円形2段キャビティ、上限付指数則の場合

11. スロットダイ設計シミュレーションのデモ
  (1). 非円形1段キャビティ、上限付指数則流体
  (2). 非円形2段キャビティ、上限付指数則流体

12. 参考図書

キーワード 塗膜乾燥 コーティング 気流乾燥 乾燥膜 スロットダイ ウェブ 
タグ シミュレーション・解析乾燥延伸・ウェブハンドリング樹脂・フィルム塗装・塗布表面処理・めっき電池
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日