歯車の強度設計のための基礎と振動・騒音対策〜演習付〜

〜歯車機構の基礎、高強度設計の方法、振動、騒音発生要因と対策〜

・高強度な歯車機構を開発・設計する上で必要な知識を修得する講座

・歯車における強度設計法と振動・騒音低減化対策技術を修得し、製品開発に活かそう!

講師の言葉

歯車機構は、回転伝達機構のひとつとして、すでに長い歴史を持つが、新しい機構でもある。
あらゆるものが電動化へと進んでいく中で、それらの速度変換すなわち減速や増速させる重要な役割を担っているからであ る。
 ここでは、高強度な歯車機構を、開発・設計を進めていく上で、いくつかの検討すべき項目を取り上げ、基本的な設計方法を確認するのが、本講座の目的である。
 又歯車および歯車機構部に発生する振動、騒音について発生メカニズムと低減化についても解説します。

セミナー詳細

開催日時
  • 2015年06月19日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・歯車の設計に携わる方(金属・プラスチック) ・機械・装置の機構設計の3年以上の経験を有する技術者 (自動車、機械、精密機器、他関連企業の方)
予備知識 ・伝達機構および機構要素とくに歯車に関する基礎知識
修得知識 ・高強度な歯車機構を設計する上での必須の基本事項について理解できる ・歯車振動発生要因と低減化対策
プログラム

1.一対の歯車機構の基礎
  (1).回転伝達機構としての歯車のかみ合いの原理
  (2).歯車における強度とは
  (3).なぜ歯形にインボリュート曲線が用いられるか
  (4).転位歯車とは

2.一対の歯車の高強度設計の方法
  (1).歯車軸の強度の設計方法
     a.せん断応力にもとづく軸の強度計算
     b.ねじり剛性にもとづく軸の強度計算
  (2).歯車の強度の設計方法
     a.幾何学的な観点からの強度設計
       ・曲げ強さ(ルイスの式)
       ・歯面強さ(ヘルツの応力)
     b.高強度への歯形形状の検討
       ・歯たけ係数による
       ・転位係数による
       ・歯形修整による
     c.機構の実装上からの検討
       ・材質
       ・熱処理
       ・潤滑方法

3.歯車における振動・騒音の発生要因と対策
  (1).なぜ振動・騒音が発生するのか
  (2).振動・騒音を低減するには

4.まとめと質疑応答

キーワード 歯車 歯車機構 歯車のかみ合い インボリュート曲線 歯車強度設計 
タグ 紙送り機構自動車・輸送機車載機器・部品
受講料 一般 (1名):49,500円(税込)
同時複数申込の場合(1名):44,000円(税込)
会場
日本テクノセンター研修室
〒 163-0722 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666
こちらのセミナーは受付を終了しました。
次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、以下よりお問合せ下さい。
contact us contact us
各種お問い合わせは、お電話でも受け付けております。
03-5322-5888

営業時間 月~金:9:00~17:00 / 定休日:土日・祝日