セミナー情報

電磁界CAEを効果的に活用したモータ設計法と設計効率化への応用

〜 永久磁石同期モータの動作原理・電磁界解析による設計技術・解析技術の応用 〜

・CAEによる効果的なモータ設計法を修得するための講座

・電磁界解析によるモータ設計の基礎知識とその応用技術に関する知識を習得できるセミナー!

講師の言葉

 自動車をはじめとして、モータは様々な製品に数多く搭載されるようになり、モータ設計技術の重要性が高まっています。

近年モータは小型・高効率化が進み、更に開発期間の短縮化により、経験だけでは設計が困難になっているため、CAEを使用した設計の必要性が高まっております。

 しかし、モータのシミュレーションは、電磁界CAE技術の中では複雑であり、様々な知識が必要になります。

 本セミナーでは、永久磁石型同期モータの特徴、動作原理と設計法について理解を深め,、電磁界CAE技術の活用法についての知識・技術を学び、電磁界解析の具体的な活用方法を紹介します。

 さらに,電磁界だけでなく熱・構造・回路設計に応用するシミュレーション技術や最新のモータ解析技術についても解説します。

 本セミナーがこれからモータ設計に取り組まれるエンジニアの方々の一助となればと思います。

セミナー詳細

開催日時 2018年01月26日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備
受講対象者 ・これからCAEによるモータ設計に携わる方
・自動車、電機機器、システム設計、回路設計に携わる技術者や研究・開発者
予備知識 ・特に必要としません、基礎からわかりやすく解説します
修得知識 ・モータ設計のための電磁界解析に関する基礎知識とその応用技術に関する知見
プログラム

1.永久磁石同期モータの特徴とモデル

(1).永久磁石同期モータの特徴と動作原理

(2).電気回路モデル

(3).磁気回路モデル

(4).有限要素モデル

 

2.モータ設計のための準備事項

(1).設計要件の確認

(2).評価要件の確認

(3).材料の種類

(4).駆動条件の種類

 

3.モータの磁気設計にCAE・シミュレーションを活用し、効率化を図る

(1).形状データ(CAD)の準備

(2).材料データの準備

(3).境界条件・入力条件・解析条件

(4).シミュレーション結果の確認

 

4.モータの特性と性能の評価

(1).誘起電圧

(2).インダクタンス

(3).トルク

(4).損失・効率

 

5.モータの応用シミュレーション

(1).モータの熱設計

(2).モータの振動解析

(3).回路連成技術

(4).モデルベースデザイン

 

6.最新のモータ解析技術について

(1).鉄損

(2).ベクトルヒステリシス

(3).熱減磁

(4).EMC・ノイズ

 

7.まとめと質疑応答

タグ シミュレーション・解析  ノイズ対策・EMC・静電気  モータ
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーに参加する

申込用紙のダウンロード

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top