セミナー情報

鋳造技術の基礎とトラブル対策および消失模型鋳造による高精度化

〜 鋳造鋳物の材質特性、鋳造方案、欠陥対策と国内における最新消失模型鋳造技術 〜

・ニアネットシェイプ化が実現できる消失模型鋳造技術を交え、鋳造技術を基礎から解説する講座
・鋳造の基礎から高精度化実現のための技術を学び、製品の高品質化を実現しよう!

講師の言葉

 ごく最近の国内鋳物産業における大きな課題は、古くから言われてきた粉塵や騒音・振動など厳しい作業環境や近年の中国の台頭だけではない。天然けい砂の東南アジアを中心とした採掘規制、国内外で取り沙汰されている遊離けい酸規制、さらには自硬性鋳型剤のフラン樹脂急騰など、鋳造を取り巻く環境は一層厳しさを増している。

 本講では、最初に素形材として不可欠な鋳鉄鋳物の機能的特性と有用性を述べる。次に鋳造技術全般を概説し、その現状を理解した上で、今後鋳造法がどうあるべきかという視点から、鋳造を取り巻く厳しい環境に対応可能な鋳造法の一つと言われている消失模型鋳造法について詳しく解説する。そして最後に国内外の新しい消失模型鋳造工場を紹介する。

セミナー詳細

開催日時 2017年12月11日(月) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/成形・加工・接着接合・材料
受講対象者 ・輸送機器、各種機械および部品の設計、開発、製造、品質管理、信頼性保証に関わる方
・鋳造用の金型設計・製造に関わる方
・鋳鉄の研究開発に関わる方
・消失模型鋳造法に関心のある方
予備知識 ・業務で鋳造に携わっていると理解が深まります
修得知識 ・鋳鉄鋳物の機能的特性、鋳造方案、欠陥対策
・消失模型鋳造法技術の基礎と動向、今後の展望
プログラム

 

1.鋳造加工と鋳物について

  (1). 金属製品の製造プロセスの一つである鋳造法について

     a.鋳造法の特徴

     b.鋳型の分類

     c.造型法の分類

     d.鋳物砂の具備すべき条件

     e.鋳物砂の構成

  (2). 鋳物と鋳鉄

     a.鋳鉄とは

     b.鋳物の分類

     c.鋳鉄の分類

  (3). 鋳鉄鋳物の材質特性

     a.鋳鉄の凝固組織と強度

     b.鋳鉄の振動減衰機能と耐摩耗性

     c.鉄仏の話

  (4). 鋳鉄溶解の科学

  (5). 鋳造方案について

  (6). 鋳造欠陥対策

 

2.発泡樹脂模型を用いた鋳造法

  (1). 木型への代替使用

  (2). 発泡型収縮抜型法(シュリンクモールド)

  (3). フルモールド法と消失模型鋳造法

 

3.従来型(空洞型)鋳造法の概説

  (1). 生砂型鋳造法

  (2). 自硬性鋳型鋳造法

  (3). その他

 

4.消失模型鋳造法

  (1). 特徴

  (2). 模型製作・塗型工程・造型工程

  (3). トラブル対策

  (4). 工場設備・ライン

 

5.消失模型鋳造法の動向

  (1). 台頭する中国

  (2). 日本の最新消失模型鋳造工場

  (3). 消失模型鋳造法を取り巻く環境及び今後の展望

キーワード 鋳造加工 鋳造方案 鋳造欠陥 消失模型鋳造
タグ 金型  金属  金属加工  金属材料  自動車・輸送機  成形加工
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top