セミナー情報

粘着・剥離のメカニズムと粘着剤の設計・配合・評価および製品開発への応用

〜 粘着剤の機能・物性・種類、粘着剤の設計と配合、粘着製品の評価・応用 〜

・粘着・剥離メカニズムから粘着剤の設計・配合技術までを学び、粘着製品の開発へ活かすための講座

・粘着剤の設計・配合・評価・応用技術を修得し、製品開発に役立てよう!

講師の言葉

 粘着剤の機能と簡便性をもった粘着製品は今や、拡大の一途をたどり、産業資材の中核を担う存在になっている。これは偏に機能性粘着剤と粘着製品の出現が根底になっている。粘着剤固有の特性から粘着製品の用途が拡がり、これに伴って新たな高度の機能が求められ、機能性の高い材料が開発されて機能性粘着製品が次々と生まれている。
 本セミナーでは粘着・剥離のメカニズムから粘着剤の設計・配合技術までの基礎知識と粘着製品への応用、特に粘着剤と粘着製品に最近求められている機能と性能の動向を学び、先端の開発に対応できる開発力が修得できる。

セミナー詳細

開催日時 2017年10月06日(金) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー 成形・加工・接着接合・材料
受講対象者 ・粘着剤と粘着製品の研究開発や販売に携わる方々と使う方々
・粘着剤と粘着製品を活用した製品開発に関わる方
・光学部品、フィルム、電池、情報機器、パネル、建材、ラベル、医療用品ほか、電子材料、塗料、印刷、食品、化粧品など粘着に関わる材料やプロセスに関わる方
予備知識 ・特に必要ありません
修得知識 ・粘着、粘着剤、粘着製品の必須基礎知識を身につける
・粘着剤の配合、評価、実用までの知識を習得し、開発力をアップ出来る
・粘着剤と粘着製品の開発動向を学ぶことができる
プログラム

1.粘着・剥離のメカニズム
  (1).粘着・粘着剤とは
  (2).粘着剤の機能と物性
  (3).粘着剤の種類


2.粘着剤の設計と配合技術
  (1).粘着剤の設計と粘着製品
  (2).粘着剤の基礎原料


3.いろいろな粘着剤の配合
  (1).溶剤型粘着剤
  (2).水性エマルジョン型粘着剤
  (3).ホットメルト型粘着剤
  (4).液状硬化型粘着剤


4.粘着剤と粘着製品の最近の動向
  (1).話題の粘着剤と粘着製品
  (2).機能性粘着剤と粘着製品
    a.光学フィルム用粘着剤
    b.曲面接着性粘着剤
    c.解体性粘着剤
    d.段差追従性粘着剤
    e.放射線硬化性粘着剤
    f.皮膚貼付性粘着剤
    g.透明性粘着剤


5.最近の粘着剤と粘着製品への応用
  (1).話題の粘着剤と粘着製品への応用
  (2).粘着剤に求められている新たな機能と性能

 

キーワード 粘着 剥離 溶剤型粘着剤 水性エマルジョン型粘着剤 ホットメルト型粘着剤 液状硬化型粘着剤 
タグ 接着・溶着  塗装・塗布  表面処理・めっき
受講料 一般(1名) : 48,600円 (税込み)
同時複数申し込みの場合(1名) : 43,200円 (税込み)
会場 日本テクノセンター研修室
住所: 〒 163-0722 東京都新宿区西新宿小田急第一生命ビル(22階)
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top