セミナー情報

数理計画法の基礎と生産スケジューリングへの応用および最適化

~生産システム・数理計画法の基礎、最適化問題の解法、スケジューリング手法を活用した効率的ものづくり~

・数理計画法、スケジューリングや生産計画を学び、効率的なものづくりに活かす講座
・生産システム・数理計画法を修得し、スケジューリング手法を活用した効率的ものづくりに役立てよう!

セミナー詳細

開催日時 2014年08月05日(火) 10:30 ~ 17:30
開催場所 【東京】日本テクノセンター研修室
カテゴリー ソフト・データ解析・画像・デザイン/品質・生産管理・コスト・安全
内容 ~生産システム・数理計画法の基礎、最適化問題の解法、スケジューリング手法を活用した効率的ものづくり~

■概要
・数理計画法、スケジューリングや生産計画を学び、効率的なものづくりに活かす講座
・生産システム・数理計画法を修得し、スケジューリング手法を活用した効率的ものづくりに役立てよう!

■タグ
サービス ソフト品質 ソフト知的財産 データ解析 信頼性・故障解析

■日時
2014年 8月 5 日 (火) 10:30~17:30

■受講対象者
・ものづくり関連企業で生産計画に携わる方
・簡単なプログラムの作成の経験者、あるいはプログラミングに興味のある方
・日常行ってきた対策のうち、理由のはっきりしないことの妥当性や誤りを正しく理解したい方


■予備知識
・特にありません

■修得知識
・生産計画が、理論的にはどのように扱われるかを理解してもらえると思います
・実際の生産現場において、生産計画を如何に活用できるのかを理解し、同時に何ができないかを理解できます

■講師の言葉
 効率的なものづくりのために、スケジューリングの知識が役に立ちそうなことは誰もが感じることでしょう。ところが、いざ勉強を始めてみると、手にした教科書には記号や数式ばかりが並び、自分が知りたい内容にたどり着く前に勉強を諦めてしまった経験をした方は多いのではないでしょうか。
スケジューリングは、古くから取り組まれていながら、未だに扱うことが難しい課題の1つです。本講習では、スケジューリングのむずかしさを知るために最低限必要な数学の知識について説明を行い、最適化問題としてのスケジューリングを理解してもらうことを目的とします。
 同時に、ものづくりの基本でもある生産システムについても歴史的な背景に沿って、その仕組みについても説明を行います。これにより、実践的なものづくりの現場と学問的なスケジューリング手法との橋渡しを行いたいと思います。
 本講習を通じて、たとえば身近な課題のひとつである、仕掛在庫を減らすためには何を行えばよいか、また設備の稼働率を高めるためには何に気をつけなくてはならないかなど、生産管理者としての勘どころをつかんでもらえればと思います。


■プログラム
1.生産システムの基礎知識
 
(1).生産システムの歴史と生産形態の移り変わり
 (2).大量生産の意味
 (3).スケジューリングの基礎

2.数理計画法の基礎
 
(1).線形代数の基礎と数理計画法
 (2).最適化問題の定式化
 (3).ソルバーを用いた最適化問題の解法

3.スケジューリング手法の習得
 
(1).仕事割り当て問題と最適化
 (2).スケジューリング問題と数理計画法
 (3).仕掛在庫の削減と設備稼働率の向上

■キーワード
 生産システム 数理計画法 線形代数 最適化 スケジューリング

■受講料 (税込)
1名:48600円
同時複数申し込みの場合1名:43200円

■会場

日本テクノセンター研修室
住所: 東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階
- JR「新宿駅」西口から徒歩10分
- 東京メトロ丸ノ内線「西新宿駅」から徒歩8分
- 都営大江戸線「都庁前駅」から徒歩5分
電話番号 : 03-5322-5888
FAX : 03-5322-5666

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top