セミナー情報

ソフトウェア開発の超概算見積りと精度向上への秘訣 ~演習付~

~不確定要素が高い中での見積思考プロセス~

・豊富なコンサル経験に基づき、見積り失敗が起こる点を解説する講座!
・見積り根拠を理解し、曖昧さを取り除くコツを演習で修得し、見積りの精度を高めプロジェクト成功に活かそう!
・プロジェクト見積りプロセスの検証に活かそう!

セミナー詳細

開催日時 2014年07月30日(水) 10:30 ~ 18:00
開催場所 【東京】宮崎県東京ビル (市ヶ谷) 1階 会議室
カテゴリー 電気・機械・メカトロ・設備/ソフト・データ解析・画像・デザイン
内容 ~不確定要素が高い中での見積思考プロセス~
■概要
・豊富なコンサル経験に基づき、見積り失敗が起こる点を解説する講座!
・見積り根拠を理解し、曖昧さを取り除くコツを演習で修得し、見積りの精度を高めプロジェクト成功に活かそう!
・プロジェクト見積りプロセスの検証に活かそう!
■タグ
システム営業 システム契約 ソフト管理 ソフト外注管理 ソフト教育
■日時
2014年 7月30日 (水) 10:30~18:00
■受講対象者
・ITシステム開発ベンダーの方
・ITシステム開発の発注側企業の情報システム部門の方
■予備知識
小規模でも、プロジェクト全体を見積った経験者であれば予備知識は特になし
■修得知識
・論理的な考え方に沿って、超概算見積りが行える
・見積りに入り込む、「あいまいさ」に気づき排除できる
・見積り根拠を、論理的に考えられるようになる
■講師の言葉
 ITプロジェクトの企画や提案段階での「超概算見積り」は、とかく「エイヤー」になりがち。提供される情報は乏しく、要件も固まっていない。あいまいな状況の中で、それでも求められる精度は高い。それが「超概算見積り」です。「高い精度で見積るのはムリ」とあきらめてきた人も多いでしょう。
 この研修コースは、困難なこの命題への答えを提供します。千数百人にものぼる過去の受講者の「見積るときの考え方 ⇒ 見積りの思考プロセス」の演習結果から導いた、「つい矛盾が入り込んでしまう」「あいまいな考え方をしてしまう」……「問題のある思考プロセス」例を題材に、「考え方のどこがどうマズイのか」ディスカッションを通じて、見積りの「あるべき思考手順」を追求します。これにより、あなたの頭の中に「あるべき見積りのプロセス」が、「揺るがない信念」となって確立するでしょう。
 これまで見積りのやり方・考え方に自信が持てなかった方、明確な考え方で見積れるようになりたい方にお奨めです。
■プログラム
1. プロジェクト見積り概論
  (1). なぜ見積りギャップが生じるのか?
    a. 技法よりも「どう考えて見積ったか」
  (2). 見積りに必要なスキル
    a. "測る"スキルだけではダメ
    b. 不足・不明な部分を補うスキル
    c. 「見積りの論理」を組立てるスキル

2. 超概算見積りの準備
  (1). RFPの不足・不明部分の補完
  (2). リスクの洗出しと対策工数の計上
  (3). 見積り前提条件の整理

3. 演習 : 超概算見積りの思考プロセス
   ・「間違った見積りの思考例」が題材
   ・なぜ誤りか?正しい考え方は?→ディスカッションで導く
   ・「見積りガイドライン」を講師から提示
  (1). 演習1
    a. テーマ1:「タスクへの職能の割当て」
    b. テーマ2:「生産性設定の考え方」
  (2). 演習2
    a. テーマ1:「マネジメント工数の考え方」
    b. テーマ2:「予備工数(バッファ)の考え方」
■キーワード
ソフトウェア開発 システム開発 見積り 初期見積り 概算見積り マネジメント工数 予備工数 生産性設定 見積り根拠 リスクの洗出し
■受講料 (税込)
1名:48,600円     同時複数申込の場合1名:43,200円
■会場 (変更になりました)
宮崎県東京ビル (市ヶ谷) 1階 会議室
JR総武線、東京メトロ南北線、有楽町線、都営新宿線 市ヶ谷駅より徒歩5分
住所: 102-0074 東京都九段南4-8-2
電話番号: 03-3263-5756

このセミナーは受付を終了しました。

次回開催のお知らせや、類似セミナーに関する情報を希望される方は、
以下よりお問い合わせください。

メールを送信する

カテゴリ:

電気・機械・メカトロ・設備成形・加工・接着接合・材料化学・環境・異物対策ソフト・データ・画像・デザイン品質・生産管理・コスト・安全研究開発・ビジネススキル

Page Top